鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。普通のWHSの人になりましたが頑張ります。WHS2011のEOLは2016 年 4月12日まで。

Intel Galileo Gen 2 を買ってみた。

Posted by Hatono-tani : 2014年10月5日


鳩の谷の街です。

20141004_122722_Android

下記のTwitterの特価販売品の情報を目の当たりにして衝動買いをしました。
(中の人がスペルミスしてたのに気がついて慌てて差し替えをしていたのを現地で見てましたw)

image
最近、MSさんのセミナーとかあると Internet of Your Things というキーワードを
よく耳にするのですが、それを体験してみたいという感じもあって購入してみました。

※ここから下の情報は 2014/10時点の情報なのでおそらく変わると思っています。m(__)m

初めて見ないといけない情報ということでここのサイトを参照します。

Windows Developer Program for IoT

下記の Get Started を選択。

2014-10-05_152530

ここから先の話を大雑把に書くと

Setting up your PC
・VS 2013 (デスクトップアプリを入れる)
Windows Developer Program for IoT. を入れる。(Windows ADK も必要?)
・TELNET クライアントを入れる(Windows の機能として提供されている)

Setting up your Galileo
・Windows Boot イメージを ダウンロードして MicroSD カードにコピーする
16GB 以上の MicroSD カードを用意する。
apply-BootMedia.cmd ( Boot メディアを作成するためのツール コマンドライン )
   ガリレオに応じたブートイメージを入手する。
Microsoft Windows Intel Galileo Gen 1 (ファームのアップデートが必要)
Microsoft Windows Intel Galileo Gen 2
手順にそって イメージを SDカードにコピーする。
・MicroSDカードを差し込んで、LANケーブルと電源ケーブルをつないでしばらく待つ
いわゆる SD のLEDがハードディスクのアクセスみたいな感じでアクセスします。
・TELNETでGalileoに接続する。
つないでしまうとまさしくCMDの感じ。
シャットダウンもコマンドで実施する。

Samples / Walkthroughs
・いわゆるサンプルのコード集の認識。

では実際に使ってみようかと思います。
実際に使用するにあたっては Microsoft Connect の下記のサイトはチェックしておきましょう。

Windows Embedded Pre-Release Programs ホーム

現在のところは Galileo Gen2 はalphaレベルという認識のようです。

DownLoad で必要なファイルは下記の赤いもののようです。(GEN 2の場合です)
image
ダウンロードをすべて終わったら、ツールをインストールしてイメージを焼きます。

App;y-BootMedia.cmd のヘルプと実際に焼き込のコマンドを投げたもの

ヘルプ画面なの
イメージを転送中のもの。
イメージを転送中なの
数分くらい書き込み(コーヒがゆっくり飲めるレベル)を実施して、書き込みが完了したところ。
転送おわったの
ツールをインストールすると再起動が要求されるのですると “Galileo Watcher” (一番下)がインストールされます。

 ウォッチャー

Galileo に対して SD カードを入れて LANケーブルを接続後、電源を差し込んで Reset ボタン(中下)をおします。
LEDがいろいろと点灯して(中上の赤)から、大体2分くらい待ちます。

20141005_161424_Android

Galileo Watcher を見ると Galileo が認識されます。

ウォッチャー選択画面
あとはTelnet でつなぐなり。Webブラウザーで参照するなり、ネットワークの共有なりできるようになります。

Telnet で接続してみるとわかるのですが、まさしく Cmd そのものですね。
上がTELNET で接続したときの画面、下が Windows 8.1 の CMD です。
image
とりあえず 接続ができるので CMD /? と入力してみると..


C:\windows\system32>cmd /?
Starts a new instance of the Windows command interpreter

CMD [/A | /U] [/Q] [/D] [/E:ON | /E:OFF] [/F:ON | /F:OFF] [/V:ON | /V:OFF]
    [[/S] [/C | /K] string]

/C      Carries out the command specified by string and then terminates
/K      Carries out the command specified by string but remains
/S      Modifies the treatment of string after /C or /K (see below)
/Q      Turns echo off
/D      Disable execution of AutoRun commands from registry (see below)
/A      Causes the output of internal commands to a pipe or file to be ANSI
/U      Causes the output of internal commands to a pipe or file to be
        Unicode
/T:fg   Sets the foreground/background colors (see COLOR /? for more info)
/E:ON   Enable command extensions (see below)
/E:OFF  Disable command extensions (see below)
/F:ON   Enable file and directory name completion characters (see below)
/F:OFF  Disable file and directory name completion characters (see below)
/V:ON   Enable delayed environment variable expansion using ! as the
        delimiter. For example, /V:ON would allow !var! to expand the
        variable var at execution time.  The var syntax expands variables
        at input time, which is quite a different thing when inside of a FOR
        loop.
/V:OFF  Disable delayed environment expansion.

Note that multiple commands separated by the command separator ‘&&’
are accepted for string if surrounded by quotes.  Also, for compatibility
reasons, /X is the same as /E:ON, /Y is the same as /E:OFF and /R is the
same as /C.  Any other switches are ignored.

If /C or /K is specified, then the remainder of the command line after
the switch is processed as a command line, where the following logic is
used to process quote (") characters:

    1.  If all of the following conditions are met, then quote characters
        on the command line are preserved:

        – no /S switch
        – exactly two quote characters
        – no special characters between the two quote characters,
          where special is one of: &<>()@^|
        – there are one or more whitespace characters between the
          two quote characters
        – the string between the two quote characters is the name
          of an executable file.

    2.  Otherwise, old behavior is to see if the first character is
        a quote character and if so, strip the leading character and
        remove the last quote character on the command line, preserving
        any text after the last quote character.

If /D was NOT specified on the command line, then when CMD.EXE starts, it
looks for the following REG_SZ/REG_EXPAND_SZ registry variables, and if
either or both are present, they are executed first.

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Command Processor\AutoRun

        and/or

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Command Processor\AutoRun

Command Extensions are enabled by default.  You may also disable
extensions for a particular invocation by using the /E:OFF switch.  You
can enable or disable extensions for all invocations of CMD.EXE on a
machine and/or user logon session by setting either or both of the
following REG_DWORD values in the registry using REGEDIT.EXE:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Command Processor\EnableExtensions

        and/or

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Command Processor\EnableExtensions

to either 0x1 or 0x0.  The user specific setting takes precedence over
the machine setting.  The command line switches take precedence over the
registry settings.

In a batch file, the SETLOCAL ENABLEEXTENSIONS or DISABLEEXTENSIONS arguments
takes precedence over the /E:ON or /E:OFF switch. See SETLOCAL /? for details.

The command extensions involve changes and/or additions to the following
commands:

    DEL or ERASE
    COLOR
    CD or CHDIR
    MD or MKDIR
    PROMPT
    PUSHD
    POPD
    SET
    SETLOCAL
    ENDLOCAL
    IF
    FOR
    CALL
    SHIFT
    GOTO
    START (also includes changes to external command invocation)
    ASSOC
    FTYPE

To get specific details, type commandname /? to view the specifics.

Delayed environment variable expansion is NOT enabled by default.  You
can enable or disable delayed environment variable expansion for a
particular invocation of CMD.EXE with the /V:ON or /V:OFF switch.  You
can enable or disable delayed expansion for all invocations of CMD.EXE on a
machine and/or user logon session by setting either or both of the
following REG_DWORD values in the registry using REGEDIT.EXE:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Command Processor\DelayedExpansion

        and/or

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Command Processor\DelayedExpansion

to either 0x1 or 0x0.  The user specific setting takes precedence over
the machine setting.  The command line switches take precedence over the
registry settings.

In a batch file the SETLOCAL ENABLEDELAYEDEXPANSION or DISABLEDELAYEDEXPANSION
arguments takes precedence over the /V:ON or /V:OFF switch. See SETLOCAL /?
for details.

If delayed environment variable expansion is enabled, then the exclamation
character can be used to substitute the value of an environment variable
at execution time.

You can enable or disable file name completion for a particular
invocation of CMD.EXE with the /F:ON or /F:OFF switch.  You can enable
or disable completion for all invocations of CMD.EXE on a machine and/or
user logon session by setting either or both of the following REG_DWORD
values in the registry using REGEDIT.EXE:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Command Processor\CompletionChar
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Command Processor\PathCompletionChar

        and/or

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Command Processor\CompletionChar
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Command Processor\PathCompletionChar

with the hex value of a control character to use for a particular
function (e.g.  0x4 is Ctrl-D and 0x6 is Ctrl-F).  The user specific
settings take precedence over the machine settings.  The command line
switches take precedence over the registry settings.

If completion is enabled with the /F:ON switch, the two control
characters used are Ctrl-D for directory name completion and Ctrl-F for
file name completion.  To disable a particular completion character in
the registry, use the value for space (0x20) as it is not a valid
control character.

Completion is invoked when you type either of the two control
characters.  The completion function takes the path string to the left
of the cursor appends a wild card character to it if none is already
present and builds up a list of paths that match.  It then displays the
first matching path.  If no paths match, it just beeps and leaves the
display alone.  Thereafter, repeated pressing of the same control
character will cycle through the list of matching paths.  Pressing the
Shift key with the control character will move through the list
backwards.  If you edit the line in any way and press the control
character again, the saved list of matching paths is discarded and a new
one generated.  The same occurs if you switch between file and directory
name completion.  The only difference between the two control characters
is the file completion character matches both file and directory names,
while the directory completion character only matches directory names.
If file completion is used on any of the built in directory commands
(CD, MD or RD) then directory completion is assumed.

The completion code deals correctly with file names that contain spaces
or other special characters by placing quotes around the matching path.
Also, if you back up, then invoke completion from within a line, the
text to the right of the cursor at the point completion was invoked is
discarded.

The special characters that require quotes are:
     <space>
     &()[]{}^=;!’+,`~

C:\windows\system32>


まさしくそれと思ったのは自分だけでしょうか?
ざっくりとですが書いてみました。

作るのはこれからですね。orz

Posted in INTEL Galileo, Windows for IoT | Leave a Comment »

ConoHa で Windows Server Essentials エクスペリエンス してみた。

Posted by Hatono-tani : 2014年8月24日


鳩の谷の街です。

2014-08-23_233925

先月の話になるのですが、TechOYAJI なるイベントに参加させていただいた時に、
3000円のチケットをもらったので、7月からサービス開始になった Windows プラン
使わせていただいた次第というのが今回のテーマ。

MS界隈の人的には Windows Azure を使うのが正しいとは思うのですが、完全個人でつかってみる
とした場合は別にこだわりないので、清楚かわいいこのはちゃんが応援団長のConoHaを試して
みようかと思ったのですね。HYPER-VやVmWaer以外の仮想環境ってどうなのと思ったのも
少々あるんですけどね(;’∀’)

ConoHa の仮想化テクノロジは KVM 。実は初めてだったりするのですが、環境できてるので
そのまま使う感じで試してみました。ちなみにLinuxはあまり使ったことがなくて、Solaris を
20代の頃に使っていて、完璧に忘れてる感じのレベルです。(でも、Viは使えると思う。手が覚えてる)

美雲このはちゃんから、このは語にしてみてねと言われたので、素直に従うまでで。

2014-08-23_234045

そうするとコントロールパネルがこんな感じでオペレーションできます。(‘ω’)ノ

2014-08-23_233009

あとはVPSの追加から Windows プランを選択します。
(あ、その前のクーポンの登録とか必要で、本人証明のための電話認証とか
必要になります。初回ですけど)

2014-08-23_233150

課金はクレジットカードの引き落とし、もしくは ConoHa チャージという事前入金の方法があります。
初回の登録の時は1500円分のクーポンがありますが、Windows プラン は利用できないので、
3000円のクーポンがあった方がいいというわけで。(;’∀’)
このはちゃんが主催しているセミナーとかで配布することがあるので、利用してみるといいです。
(余談だけど、美雲このはちゃんの中の人は割とマメな人なので、Twitterでつぶやくと
結構いい確率で返事くるので気軽にツイートしてみるといいです。朝の6時ぐらいから見てる
気がしますね。多分)

一応仮想環境をセットすると、IPv4x1とIPv6x17個分のIPアドレスが割り振られるので、
リモートデスクトップとかも普通に使えます。そこまででしたら普通なので、
タイトルの通りに、Windows Server Essentials エクスペリエンス をセットアップして
DNSの割り当てをしたうえでリモート接続ができるようにします。
(セットアップ方法はこちらを参考にしてみてください。)

個人的な印象を述べさせていただくと、1GBメモリの設定で動かしてるんですが、リモートで
使うのであれば問題なくできる感じで、最少設定な割にはキビキビ動くぞってのが正直な意見です。
(本当だったらイメージをアップロードするという手もあるけど、値段考えたらね…)

リモート接続でDashboardとかも普通に使えるので、中々良いかもしれないです。

ざっくりと書いてみましたが、しばらくお試しようかと思います。m(__)m

Posted in windows server 2012 R2, Windows Server 2012 R2 Essentials | Leave a Comment »

夜活!電子工作教室「GR-KURUMIでデジカメ作っちゃおう 応用編」にいってきた

Posted by Hatono-tani : 2014年6月26日


鳩の谷の街です。

20140625_201813_Android

タイトルの通りなのですが、前回同様にがじぇっとるねさすさん主催の電子工作教室にいってきました。
場所は飯田橋にあるルネサス半導体トレ-ニングセンターです。

初めにいってしまうと、ちょっと色々とあって自分の基盤の写真とってなかったです。orz
(実は家に帰ってから気がついたのであとのまつりだったりする)

今回のテーマはサーボーモーターで動作をすることになります。
基本的には前回の部品にサーボモータの回線と電源の整流のためのコンデンサの追加になりますが、
自分は前回の配線を半分くらい外していた関係と、再度組み立てる時に配線ミスを1つしていたことに
気がつかなくてちょっと焦ってました。orz
配線自体は前回にプラス3本追加されただけなんですけどね。orz

配線がすんだ状態で動作確認をすると、カメラの画像データをMicroSDに書き込む、サーボモータを10度動かす
すこし休むの繰り返しなのですが、サーボモーターが小刻みにプルプルと震えてから、10度回転するという
流れなのですが、どうも自分の環境では自宅から持ってきたMicroSDとの相性が悪いようで、ちょっとコマ落ち
してましたので、再度配線チェックしないとダメですね(;’∀’)

(上の写真も下の写真も先生のお手本品で、大きなコンデンサが乗ってるのが分かるかと。(;’∀’))

20140625_201817_Android

一応、先生お手本の3Dプリンターのオブジェクト部品をいただいたので、日を改めてチャレンジ
したいと思います。

のちほど資料は公開予定なのでちょっと期待したいです。
(資料にはLCD編もあるので結構期待してるw)

PS.夜会の間にAgIC さんが開発されている AgIC Print の印刷された見本をみさせていただきました.

20140625_204849_Android20140625_203641_Android

聞いた話では、名刺代わりに配っているらしいのですが、写真を印刷するときの光沢用紙みたいな紙で
実際に電源を入れるとちゃんと光というインパクトもかなり大きい製品に感じました。
一点気になってた点があったのですが(どーやって電子部品半田付けするのかなという素朴な疑問)
確かに金属の端子がそれとなくくっついているのでなんか妙に納得しました。

クラウドファウンディングの対象となっていますが、この技術は久々に感動しました。(;’∀’)
この製品が市場に出たら個人の電子工作とか変わっちゃうんじゃないかと期待できそうです。

本題が少な目で申し訳ありませんが。。orz

Posted in コンピュータとインターネット, モバイル・ガシェット, 電子工作, 趣味 | Leave a Comment »

夜活!電子工作教室「GR-KURUMIでデジカメ作っちゃおう 基本編」にいってきた

Posted by Hatono-tani : 2014年5月29日


鳩の谷の街です。

20140529_201745_Android

タイトルの通りなのですが、がじぇっとるねさすさん主催の電子工作教室にいってきました。
個人的に参加するにあたって思ったことはカメラの画像ってどうやって GR-KURUMI で処理できるのかな?って思たのがきっかけ。
これらのイベントは露出度がちょっと低いのですが facebook の Renesas_FUN というグループで告知されているのでちょっと参加しました。

場所は飯田橋にあるルネサス半導体トレ-ニングセンターです。

いった時には準備がされてる前だったので、部品の配布を待ちつつちょっと資料を読んでいました。
こんな感じですね。(;’∀’)

20140529_184032_Android
20140529_184446_Android

あとは中の人が多分趣味で作っている品物とかいただいたりしてました。
(温度によって色が変わる樹脂をディスプレイで使える世に加工したものとか)

20140529_185934_Android

教材の基本となる資料はルネサスのフォーラムである
がじぇっとるねさすゆーざー会のサイトにあります。

30分でできる GR-KURUMI デジタルカメラ

最初にすることはカメラモジュールのテストからです。

カメラモジュールは LS-Y201というシリアル通信でデータ転送するモジュール。
これをFDTIに接続してアプリで動作を確認するって感じでやっていきます。

20140529_192128_Android

これで動作確認ができれば、実際に組み立てをしていきます。今回はSDカードに画像を
保存して行く仕様であり。動画は取れない仕様です。(シリアルですし。。。)

こんな感じで敗戦をつないでいきます。撮影した内容はSDカードに保管される仕様です。
20140529_201739_Android

こんな感じで画像が登録されます。(奥のPCに画像が表示されてるのが分かればいいけど)

20140529_200507_Android

時間は1時間くらいの作業量、基本的に準備ができてれば本当に30分くらいでできそうな物量でした。

次回はこのコンポーネントを使ってさらに部品を追加して独自の機能を追加していくそうです。

今回はこんなところで。(;’∀’)

PS.今回のセミナーの資料とプロジェクトはこちらの方に公開されました。
作ってみたいぞと思う人は参考にしてみてくださいませ。m(__)m

 

Posted in モバイル・ガシェット, 趣味 | Leave a Comment »

ASRock Q1900-ITX を Acer H340 にいれてみた。(2) WS2012R2Eを入れる

Posted by Hatono-tani : 2014年5月6日


鳩の谷の街です。

2012R2Eシステムの表示

ASRock Q1900-ITX を Acer H340 のケースにつっこんだわけですが、
一応なのですが、Windows Server 2012 R2 Essentials を入れてみました。

インストール自体はすんなりと行くのですが、標準のドライバの状態では割り込みが多発
するみたいで重たく感じましたが、CDのドライバをとりあえずすべて手作業でいれると
わりと安定する感じになります。(ちょっと不思議に重たい感じ)
Hyper-Vも普通にインストールできてしまいました。(・・;)

CPUリソースについてはこんな感じです。(リソースモニターがわりと食ってる感)
CPU2-3が休止になっていて、電力容量を調節している感じになります。
2012R2リソース

ドライバーインストール後のハードウェアの一覧はこんな感じになります。
(WHS2011のときと少しことなるものがあるようです)
2012r2デバイス1

2012r2デバイス2
標準のファンがついた状態での温度とか
温度とか
一応アイドル中の状態なんですが、これでしらばく様子みてみようかと思ってます(^_^;)

今回はこんな感じで。

 

Posted in Aspire easyStore H340, Windows Server 2012 R2 Essentials | Leave a Comment »

ASRock Q1900-ITX を Acer H340 にいれてみた。

Posted by Hatono-tani : 2014年5月5日


鳩の谷の街です。

20140505_091922_Android

連休恒例の自作したい症候群が発症したので、そんなに悩まないで
(正しくはSATAが4本のJ1900のマザーが欲しかったので)

変態マザーの呼び声高い ASRock さんの Q1900-ITXを買ってみた。
ついでなので、メモリと Windows 8.1 Update 限定パックも買ってみました。
(OSはどっちでもよかったんですが、限定品には負けました。orz)

20140504_202138_Android

一応家鯖用にセットするつもりなので、さしあたって余っている Acer H340 を交換することに
過去に交換したのは C1007UN-D でそれとの交換になります。

(左がQ1900-ITXで、右がC1007UN-Dになります。)
20140505_094022_Android

(実際にボードをいれた時のサイドの状態、かなり空きがあって期待できそうな感じでした)
20140505_102131_Android

確認用として WHS2011 でインストールしました。
案の定、ネットワークデバイスについては個別インストールの必要があります。
大体インストールに1時間強かかる感じでした。(あとで記述しますが。)

インストール時には5つドライバが不明なのですが、ドライバCDからインストールしたあとの
システムはこんな感じでした。

システムの表示
システムの表示

デバイスマネージャの表示その1システムデバイス_1

デバイスマネージャーの表示その2(1つだけ不明なデバイスがある)
システムデバイス_3

インストールしただけなので。触ってみた印象をいうと、システム側のHDDの転送がもっさり感がある印象
(HDD接続で3Gbの転送レートのせいかもしれないが)CPUについてはキビキビ感がちゃんとできていて
データーディスクを後方のSATAに持ってくとかなり期待できそうな感じでした。

このあとは別のOSを入れてみようかとおもいます。

とりあえずこんなところで(^_^;)

Posted in Aspire easyStore H340, WHS 2011, WHS2011 アプライアンスサーバー | Leave a Comment »

TechNet Subscription 終了後の MSDN Subscription は何がいい?

Posted by Hatono-tani : 2014年4月12日


鳩の谷の街です。

今回は自分のためのメモ。

ご存知の方もかなり多いと思うのですが、TechNet Subscription が昨年8月に新規購入が終了しました。
90日延長のサプライズがありましたが、基本的には今年いっぱいで TechNet Subscription が利用できないと思ってます。(更新があるからちょっと怪しいが。orz)

で、本題。タイトルの通りなのですが、TechNet Subscription の代わりって何があるのかなと調べてみました。

背景としては Microsoft MVP を受賞する以前は MSDN Subscription をボリュームライセンスで2年更新をしていて、そろそろ調べておいた方が良いかなと思ったので。

※Microsoft MVP になると特典のごく一部として活動カテゴリに似合った MSDN Subscription が提供されます。

自分の場合は元々開発をしていて10年くらいは個人でMSDNを購入していて、VS Pro. with MSDN  –> VS Prem. with MSDN という段階で契約してましたが、最近は開発そのものを積極的にしてないので、TechNet の方が使い勝手がいいかなと思ってました。
(会社では開発してますので
、社内の MSDN Subscription の契約をしています。一応)

TechNet の現状では評価版については存在して、実際使用することが多いのですが、さすがに期間が短い感じがしてます。なので MSDN Subscription が必要かなと思ってます。

ちょっと調べたらTechNet Subscription の画面にこんな広告(赤枠のやつね)が目にとまりました。

image

MSDN Platforms ?

初めて名前を聞いたので調べてみました。
ざっと見た感じでは、VS Prem. with MSDN から 開発環境とOffice系製品が抜かれた感じ。
(しっかり Microsoft Azure もつかえるw)

Office については Office 365 しちゃえばいいやと思ってるので自分的には割とよさげ。
(詳細の違いは上記のサイトのエクセルシートをみてもらった方がいいですが。)

で、MSDN Platforms はボリュームライセンス扱いらしいので、お世話になってた青森のコンプモトさんで調べてみました。(;^ω^)

条件:MSDNの方が2年契約(新規も更新も値段は一緒でした)(上)
Office 365 はプランのMで1年契約(下)

image

やっぱりいい値段するのね。orz

参考までに 一番似ている VS Prem. with MSDN の新規(上)と更新(下)の場合(両方とも2年契約)

image

やはりちょっと高いかも。(;^ω^)

※更新は有効期限が切れるまで。(正しくは有効期限+3か月以内の更新が条件。一部例外あり)

個人で購入できるとしたらこんな感じですね。(`・ω・´)
ちなみに会社とかで大量に購入すると個人で購入するのが馬鹿らしいくらい安いです。(条件次第ですが)

ちょっと悩みますかぁ。orz

今日はこんな感じで。

Posted in MS-MVP, Office 365, SBS 2011 Essentials, WHS 2011, Windows 8, windows 8.1, Windows Azure, Windows Home Server, Windows Server 2012, Windows Server 2012 Essentials, windows server 2012 R2, Windows Server 2012 R2 Essentials | Leave a Comment »

銀河鉄道物語 ~忘れられた時の惑星~ 劇場版 が一夜限りで上映するだと!!

Posted by Hatono-tani : 2014年3月16日


鳩の谷の街です。

これは正直燃える(萌えるではない!!)

”鳩の谷の街”という名前の由来はこちらを読んでいただくとして(よく残ってたな、おい)
今日、久々にDVDを見ていて、公認ファンサイトとかどうなってるのかなと思って
みたら気がつきました。(;’∀’)

松本零士原作『銀河鉄道物語〜忘れられた時の惑星〜』(劇場版) イベント上映会!!

4/25(金)よる7時より千葉県・イオンシネマ幕張新都心(イオンモール内)で
一夜限りの上映イベントを行います。

とかかれていました。(正直なところ”マジか”と思ったしたい)

ファウンデーション扱いなので実際はどうなのかちょっとわからないですが、
是非に参加したいと思います。

知ってるひといるのかなという多々の不安がありますが…

参考:
銀河鉄道物語 公式サイト
銀河鉄道物語 Fan’s Page(銀河鉄道管理局公認)
銀河鉄道物語〜忘れられた時の惑星〜 劇場版 Blu-ray
銀河鉄道物語 Facebook

不確定要素ありありなのですが、お会いできればぜひ。m(__)m

追記:(2014/03/19)

きびだんごさんのサイトではBlue-rayと劇場チケットのセット販売でしたが、
今日から鑑賞チケット(1080円)(限定180)だけの販売を開始しました。

公認ファンサイトのコミュニティのところにこんPさんの説明だと
元々、”忘時”は映画での上映を前提としてむとうさんに脚本を依頼
していたので、本来は劇場版が本来のスタイルというはなし。

これを成功させたい理由は次の銀鉄(新作)のためと書いてあります。
なので私も陰ながら応援したいと思います。

正直、次の「銀河鉄道物語」素直に見たいです。

追記:上記のイベントは条件が満たせませんでしたので、中止になりました。orz

Posted in 趣味 | Leave a Comment »

ChibiMo Kit 3f(ちびモキット3f)を作ってみた

Posted by Hatono-tani : 2014年3月15日


鳩の谷の街です。

20140315_210710_Android

製品の記事はこれを参考にしていただくとして…

ChibiMo Kit 3f (ちびモキット3f)というキットになります。

ちょっとこれは作ってみたいの思っていたのですが、秋葉原界隈のお店ではちょっと基板が
販売されていなかったのですが、今週の頭くらいに何気に販売しているお店によったら、
キットの基盤が販売されていたので、速攻購入。そしてその足で50mくらい離れた
秋月通商で液晶パネルを購入しました。

で、まあ、チップ部品をつけないといけないわけでして、悪戦苦闘しつつも半田付けを完了。
(正直言ってかなりチップ部品の半田はかなり怪しい。1つ部品なくしたし。

20140315_113448_Android20140315_113738_Android

これさえできてしまえは後はミンティアのケースの加工とかドライバの設定とかなので、
わりと簡単な感じです。

参考までに最初の画面は、自分のディスプレーの縮小で表示させたものです。(;^ω^)

自分の感じだど、半田付けに2時間くらい、ケースの加工は1時間くらいでしたが、結構満足度は高めです。
個人的なことを書いてみました。

 

Posted in モバイル・ガシェット, 趣味, Windows 8, windows 8.1 | Leave a Comment »

Canon MG7130 を買ってみた。

Posted by Hatono-tani : 2014年3月15日


鳩の谷の街です。

去年からずーっと悩んでいたプリンターの購入をしました。
Canon PIXUS MG7130 です。

20140302_104954_Android
正直いって年末あたりに安いお店を探しておけばよかったかなと少々公開。

今回悩んでいた点をまとめるとこんな感じ
・個人的に染色インクでしか印刷できない用紙を使っている。(システム手帳で)
・有線LANで使えること(無線LANは家の場合だと混線してるので警戒している)
・ランニングコストがあまり高くないこと。(安いとは思ってない)
・Windows RT から印刷できること。(最近になって Surface RT を譲ってもらったので)

その他の候補として考えたのは以下の二点でした。
・EPSON PX-605FC5(大きさ的にフロントがぎりぎりで断念)

・Brother  MFC-J870N(写真の画質で黒色に違和感を感じてしまったので断念)

と、いうわけで使いだしています。
まだ評価というのほど利用してないですが。
・ヤッパリ写真は綺麗だと思う
・ファームウェアはなんとなくEPSONの方が気合入ってる(できる機能が少ない)
・去年レビューしたEPSONのあれに比べると大きい。もう少し小さくてもよいのでは
・有線LANと無線LANが排他制御になってる。(想定外で少し残念感が)
・正直、手差し印刷が簡単にできてほしい。(今はトレイにいれないとできない)

といったところが現在の気になっているところ。

これについてはそのうち気が向いたらあげたいと思ってます。
(とくにレビューが目的ではないので。)

Posted in canon pixus, Surface RT/PRO, Windows 8, windows 8.1 | Leave a Comment »

 
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。