鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

WHSの英語版から日本語版への検証④ 新規インストール+リストアの場合

Posted by Hatono-tani : 2008年8月24日


鳩の谷の街です。
 
 今回は、事前にバックアップを採取したディスクを使用して、
 WHS日本語版を新規にインストールした後にリストアした結果を公開します。
 
 はじめに英語版側でバックアップをする必要がありますので下記を参考にしてください
 
 まずはWHS日本語版を新規インストールした直後の共有環境を見せます。
 01-コンソールの共有状況
 
 ネットワークの共有フォルダーはこんな感じです。
 02-フォルダの状況
 
 
 リストア作業については英語版の情報ですが下記を参考にします。
 
 日本語版のリストアイメージも同じなのですが、こんな感じです。
 
 バックアップデバイスをいれるとドライブが表示されます。
 10-バックアップデバイスの表示
 
 バックアップの履歴を表示させます。
 11-バックアップ状況の表示
 
 バックアップの履歴を表示すると過去の状態がわかりますから選択します。
 12-バックアップデータの表示
 
 リストアしたいフォルダを選択します。
 13-リストア条件の表示
 
 で、ここからが本題。。orz
 
 はじめに見てください。下記の通りになります。
 14-リストア後の表示
 
 簡単にいってしまいますと、リストアの情報は別のフォルダー扱いになります。
 (英語名と日本語名はちがうからあたりまえと言えば当たり前だけど。。。)

 

 ネットワークの状況も下記の通りになります。
 15-共有フォルダの表示
 
 基本的にはフォルダーのデーターを移動するのが一番適切かと思います。
 
今回はここまで。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。