鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

EPSON Endeavor SV110で INTEL AMTを使ってみる。

Posted by Hatono-tani : 2009年1月16日


鳩の谷の街です。
 
 サーバの電源をリモートでONするといった場合、通常は
 WOLを使用したりします、もしくはサーバ系製品の場合は
 リモートコントロールカードを使用するのが一般的です。
 ただ、リモートコントロールカードは低価格サーバーでは
 オプションだったり、実装できなかったりします。
 
 EPSON Endeavor SV110(h) には元々INTEL vProテクノロジー
 が実装されています。去年のインプレスの笠原さんの記事を
 読んでみて、リモート制御はできそうだな。と思いました。
 
 ・インプレス PC Watch
  ■笠原一輝のユビキタス情報局■
  Intel AMTを使って、リモートからのBIOS制御やOSリカバリに挑戦
  
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1204/ubiq233.htm
 
 設定の実際はマイコミのサイトに詳しく掲載されていたので譲るとして、
 個人的に設定してみて気になった点だけちょっと書いてみます。
 
 ・マイコミジャーナル
  実はスゴイ! 自作でチャレンジ「vProパソコン」
  (4) vProパソコンのリモート管理に挑戦
  
http://journal.mycom.co.jp/series/vpro/004/index.html
 
 はじめに設定するに当たってイメージがつかみにくいのでインテルの
 ページでビデオを見ていただいてイメージをつかみます。
 
http://www.intel.com/jp/gopro/setup/
 
 最初の関門はおそらく初期パスワードなのですが、検索してみると
 某メーカさんの法人向けサイトにしっかりと書かれていました。
 初期パスワードがわかれば後は設定は比較的に簡単にできます。
 (電源制御の設定で多少のカットアンドトライが必要。)
 制御する側はクライアントソフトを設定する必要があります。
 自宅のPCはVistaの64Bit機だったのですが、どうも相性が悪いみたいで
 別のXPのマシンから設定してみました。"Intel System Defense Utility"
 を使用して接続出来ることを確認してみてください。
 
 
 
 INTEL AMTはクライアントソフトだけでなく簡単な制御であれば
 Webからでも操作できます。
 
 ・現在のマシンの状態(本体電源OFFの状態)
 
 
 ・システム情報の表示
 
 
 ・電源OFF時の電源制御のオプション。
 
 
 ・電源ON時の制御コマンド(ただし緊急時以外は使わない方が望ましい)
 
 
 電源のOFFについてはOSでやって頂いて、緊急の時だけ
 この機能で電源OFFした方がいいと思います。
 WHSは常時起動が基本ですが、ルータの設定とDDNSの設定を上手に
 組み合わせることが出来れば、必要な時の電源制御というのも
 可能なのかなと思っています。
 
今日はこのへんで。
 
広告

コメント / トラックバック5件 to “EPSON Endeavor SV110で INTEL AMTを使ってみる。”

  1. Mizutani said

    WHSフォーラムでお世話になっておりますUSAMARUこと水谷と申します。ブログ1周年おめでとうございます。暇さえあれば岡部さん林さんのブログ、WHSフォーラムとWHSの可能性を探しております。また、特に岡部さんのブログでは、くじけそうな時に背中を押していただき無事にWHSも稼働しております。今後ともよろしくお願いいたします。ところで本題なのですが、当方ではAtom330(intel D945GCLF2)で自作しWHSをインストールし使用していますが、今回のようなリモートでの電源On・Offを行いたい場合はどのような方法がありますでしょうか? また可能でしょうか?お時間がある時で結構ですので、教えていただければ幸いです。今後も日本のWHSユーザの為に、様々な情報をよろしくお願いいたします。※体調にはくれぐれもご注意下さいね。

  2. Yoshihiro Okabe said

    鳩の谷の街です。 いつもお世話になっています。本題の解答なのですが、今回のケースのような電源のON/OFFはD945GCLF2では残念ながら無理だと思っています。理由は簡単な話で、AMTは独立したチップで動作しているためです。業務用の製品ではある特定のIPにデータを送信して電源制御を行うBOXは存在するのですが、ATOMのキットの1-2台分くらいのお値段がするので現実的ではありません。ただ、WOL機能を使用して一手間をかければ外部からの電源ONくらいはできるとは思っています。OFFにするのはWHSコンソールからできますので。。大昔の記事になりますが、こちらを参考にしていただけると糸口はみえるかもしれません。http://bb.watch.impress.co.jp/column/shimizu/2003/09/16/参考になれば幸いです。

  3. Mizutani said

    USAMARUこと水谷です。お世話になっております。昨日は早速お返事を頂き、ありがとうございました。あれから、いろいろと調べた結果鳩の谷の街さんの言うとおり、このままの状態では不可能でした。。。出かける時には電源を「ON」にして出かけることにいたします。もともとサーバーは常時稼働が本来の姿ですし・・・。今度はwindows7 betaを試すのに今月中に1基製作いたします。林さんのブログにも有ったようにWHSと稼働させてみたいと思います。ブログ更新は大変とは思いますが、いろいろな情報に期待しておりますので今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

  4. […] とりあえずOSを乗せてみたので、Q67チップセットの楽しみでもある INTEL AMT(Active Management Technology)を試してみることに。以前、EPSON Endeavor SV110で INTEL AMTを使ってみる。を書いたことがあるけれど、最近はもっとすごいことできるのねというわけで試してみました。 […]

  5. […] EPSON Endeavor SV110で INTEL AMTを使ってみる。 ≪ 鳩の谷の街へ ようこそ […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。