鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

Add-In LightsOut が日本語版対応になったようです。

Posted by Hatono-tani : 2009年3月26日


鳩の谷の街です。
 
 Add-In LightsOut  が 0.8.0になって日本語版も提供されました。
 このAdd-Inの作者で今期からWHS-MVPになられたMartinさんから
 メーリングリストで教えていただきました。
 
 頂いた情報によると、英語とドイツ語のほかにフランス語、スペイン語
 中国語、そして日本語がサポートされたとのこと。。
 
 と言うわけでテストしてみました。
 
 はじめに注意事項をいっておきます。
 これは通常のAdd-Inとしてインストールされますが、
 特に言語を聞いてきません。言語をどこで判断するかというと
 インストールするときの言語版のようです。
 つまり英語版は英語で、日本語版は日本語で表示する使用です。
 
 これは今日公開された版です。
 
 
 これは easyStore H340 のプリンストール版です。
 
 
 
 コンソールの画面も日本語の表示になってます。
 
 
 管理画面もこのような感じです。
 
 
 カレンダーの画面です。
 
 
 カレンダの設定画面もばっちり日本語化されています。
 
 
 今回日本語化に対応したことですごいなと思うここがもう1つあります。
 それはクライアントの置き場所が正しく置かれていることです。爆笑
 
 今までは"Software"フォルダを作らないとNGだったのですが。。
 今回からは”ソフトウェア”配下にフォルダが作成されます。ペロリ
  
 
 クライアントのインストーラも日本語版化されています。
 
 
 クライアントのインストーラもこんな感じです。
 
 
 
 
 マルチランゲージの見本としても大変素晴らしいと思います。ウインク
 
今日はこんなところで。
 
 
 
広告

コメント / トラックバック2件 to “Add-In LightsOut が日本語版対応になったようです。”

  1. 雪男 said

    こんにちはこのAdd-In非常に気になっていましたが英語ということでちょっと目を背けがちでしたが日本語に対応したということで再び気になり始めてます、改めて過去の記事読み直します。特にカレンダーによる稼働時間の管理は我が家の使用(24時間稼動が必要ではない)にはもってこいのAdd-Inです。いつも情報をありがとうございます。

  2. Yoshihiro Okabe said

    鳩の谷の街です。お世話になります。m(__)mこの版から日本語のマニュアルが提供されるようになりました。このAdd-Inはちょっとマシンの環境に依存する傾向がありますが、クライアントのソフトをインストールして同期を取るようにするとちょうど良いのかもしれません。もしよろしければ雪男さんのBlogでも情報を公開していただけると、こちらの方としてもうれしいです。今後ともどうぞよろしくです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。