鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

初めてのWebGuide4 – その4 – 日本語化のための設定

Posted by Hatono-tani : 2009年4月4日


鳩の谷の街です。
 
 今回は WebGuide4 を少しカスタマイズして日本語化していきます。
 今回からはコンソール画面を使用しますので管理者(Administrator)として
 ログインしておきます。
 
 自分の SkyDrive からWHS版日本語トークンファイルをダウンロードして
 "WHS-strings-ja-Jp.xml" から "strings-ja-Jp.xml" へと名前を変更します。
 
 ”C:Program FilesWebGuideWebGuide4localization” 配下に
 各言語のトークンファイルが格納されてますので配置します。 
 
 
 次にWebGuide4のコンフィギュレーションを直接起動します。
 
 
 見たことがある画面が表示されると思います。
 右下の[Advanced]を選択します。
 
 
 詳細の設定画面が表示されるので、[localizeation]を選択します。
 
 
 デフォルトだと英語だと思うので日本語を選択します。
 日本語を選択したら、[Save settings]を選択します。
(もし日本語が表示されなかったら、ファイル名が"strings-ja-Jp.xml"で
 あることを確認してくたさい、大文字/小文字も合わせます)
 
 
 画面が下記の通り "Saved Setting” になるはずですので確認します。
 
 
 設定が終わったら[×]を選択し設定を終了します。
 
 設定が終了したら、一度WebGuide4で日本語表示されることを確認して
 みてくたさい。
 
 
 これでとりあえず日本語のメニューになります。
 
 次回は日本語化の最終階でWMPが表示を直していきます。
 
今回はこれで。。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。