鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

QSMmgr クラス WHSのドキュメント化されてないライブラリ。。

Posted by Hatono-tani : 2009年6月10日


鳩の谷の街です。
 
 非公開情報だと思うのですが、PP2向けに追加されたWHSのライブラリに
 QSMmgr Class というのが存在するようです。
 
 QSMmgrは HomeServerControls.dll にあるライブラリで
 storage manager API になるらしいです。(^_^;
 
 ちなみに判明しているのは以下のAPIで
   long GetAppFoldersSize()
  long GetBackupSize()
  Disk[] GetDisks()
  string GetGlobalStatus()
  long GetOperatingSystemSize()
  void GetSharedFoldersSize(out long size, out long dupSize)
  long GetStorageFreeSpace()
  long GetStorageSize()
  long GetStorageUsedSpace()
  ShareConnection[] GetShareConnections()
 
 があるそうです。(^_^;
 なんとなく動作がわかりそうなAPIではありますね。
 
 詳細については Undocumented WHS classes: QSMMgr をごらんください。
 この記事を記載したのは Add-in AutoExit を作成した Asoft さんで
 WHS-MVP の Sam Wood さんのチェックが入っているので
 信憑性はかなり高いと思ってます。今後MSDNライブラリで公開されるかは
 不透明ですが。。
 
ざっくりとですが、今日はこんなところで。(^_^;
 
 
広告

コメント / トラックバック4件 to “QSMmgr クラス WHSのドキュメント化されてないライブラリ。。”

  1. susumu said

    どうもお世話になります。susumuです。ちょうど、ハードディスク情報の取得処理を作成中でしたので、ちょっと試してみますね!

  2. Yoshihiro Okabe said

    こちらこそいつもお世話になっております。m(._.)m先程投稿されたの確認しました。ありがとうございます。

  3. susumu said

    今後も。開発者向けの情報もお願いしますね!(あまり興味を持つ方はいないかもしれませんが、、、+_+;)

  4. Yoshihiro Okabe said

    情報見つけるの大変だったりすんですが。。(^_^;がんばりますわぁ。。orz

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。