鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

Acer aspire easyStore H342 インプレッション その2

Posted by Hatono-tani : 2010年7月19日


鳩の谷の街です。
 
今回はパフォーマンスについてお話をしたいと思います。
 
H342を借りるとお話があった時に、真っ先にやってみたかったことがあります。
それはWebGuide4を使用したストリーミングによるビデオの再生です。
 
個人的にはATOMプロセッサを使用してのテストは4機種目になります。
個人的なWHSを使用するための必要なスレッド数は2以上と考えています。
ATOMプロセッサはそれに合致しているというのも使用している理由になります。
 
とはいえ、WebGuide4を使用してストリーミング再生をするのはかなりの
マシンのパフォーマンスを問われます。特にCPUのパワーというのが再生能力
に問われることになります。
 
ちなみに自宅でH340を使用した時のWebGuide4のパフォーマンスですが
350kまではコマ落ちなしで、500K以上は落ちていた記憶があります。
 
で、本題H342ではどれくらいのパフォーマンスがあるのか。って
 
ストリーミングのプロフィールを選択すると、この画面がでます。
 
帯域幅の半分以下を目安に設定をしていきます。
 
キーポイントはパフォーマンスモニターを見て半分を超えない状況で
動作をしていること、それを超えるとコマ落ちする傾向があります。
 
下記は1000Kで設定したときのパフォーマンスモニターの値

 
ちなみにテストした感触では1000Kまでは正常で2000Kは
時々コマ落ちしていました。
ただし、1000Kで実際の画質をみる感じでは、そんなに悪くない
印象をうけました。(というかパッと見あまり遜色がない)
 
かなりパフォーマンスが改善されているのを実感できます。
 
今日はこんなところで。(^_^;)
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。