鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

DataVault(EX490)でVailを乗せるには。。

Posted by Hatono-tani : 2011年1月16日


鳩の谷の街です。

今日は参考情報として書いておきます。

一般的にOSをインストールする場合は VGA/KB/Mouse を接続しますが、DataVault/EX490 の場合はちょっとややこしい事情があります。VGAケーブルを自作して接続して、KBを接続してもBIOSを選択できないという事象になります。

では、どのようにしてOSを乗せたらいいのかと考えていろいろやってみたのでこれについてメモとして書いておきます。

今回はVGAを接続できる前提で書きます。

  • 本体の後ろのUSBに外付けのDVD-ROMもしくはUSBメモリで作成したBootイメージを用意しておきます。(フロントにUSBを挿入しても認識しません。)理想的には背面の一番下のUSBが良いみたいです。
  • インストールするときに使用するHDDがブランク(つまり、新規で購入した場合)もしくは未使用状態の場合はそのままインストールできます。
  • 使用済みHDDを使用したい場合は、電源を投入した直後にフロントのUSBの隣の穴を押してリカバリーモードにします。リカバリーモードにするとHDDによるブートシーケンスをスキップしてくれるのでUSBの情報を読みに行きます。
  • もし、リカバリーモードにしてもHDDをフォーマットシーケンスが正常に実施できない場合は他のPCでHDDをブランクにする必要があります。

自分がテストした感覚では順番でブートシーケンスが動作するみたいです

・HDD –> 外部のUSB –> ネットブート

そしてリカバリーモードにした場合はこのようになります

・外部のUSB –> ネットブート –> 内臓のBoot用USB

参考までにVailを実装した場合はデバイスリストに1つだけ?がつきます。

Vail-Hard-Info

リカバリ用の内臓USBになりますので事実上問題はないと思っています。

ここまで書くと鋭い人は気がつくと思うのですが、VGA出力できない場合は無人インストールの定義を書いて”cfg.ini”として保存します。

cfg.iniの書き方については薩摩藩中仙道蕨宿別邸さんのところで解説がありますので参考にしてみてください。USBブートで実施した場合は30分強くらい放置してからクライアントPCからネットワーク接続してもらえれば見えるようになると思います。

ちなみにVailをインストールすると本体のLED制御ができなくなるので、そのあたりは注意が必要です。^^;

あくまでもメモ程度なので、この辺で。^^;

 

広告

コメント / トラックバック7件 to “DataVault(EX490)でVailを乗せるには。。”

  1. […] DavaVaultのインストール方法はこちらを参考に。(EX490も一緒です) […]

  2. tae01727 said

    X510に、WHS2011を入れてみました。
     1)インストールイメージが入ったUSBメモリですが、最初は一番下に差していたのですが、全くインストールできず、
      VGAケーブルを作っちゃいました。
      結果的に、後面最上部のポートに差さないといけないようです。
       ※2.5inch – 3.5inch HDD変換ケーブルを流用して作ったのですが、配線に間違いないのに表示せず。
        よく見たら、偶数ピンと奇数ピンが逆でした。
     2)X510で不明なデバイスとなる「大容量記憶域コントローラ」は、SiI3531というeSATA用のコントローラでした。
      インストール後にeSATAが使えず悩みましたが、SiliconImageのサイトよりドライバを入手し、利用可能とな
      りました。
     3)正面のランプですが、
      ・ドライブベイのLEDは、一切点灯せず
      ・電源/LAN/障害ランプは、100%点灯。まぶしいので、コネクタを抜こうかと思っています

    ちょっと使ってみましたが、
     ・OSで20GB位しか使わない
      あえて1ドライブでインストールしてみたが、無駄だったカモ
     ・3TBのHDDは、利用できた
      最近のドライブはAFTが多いので、GPTが使えるのはありがたい。
     ・ダッシュボードは、確かに使いやすくなっている
      RemoteLauncherを使うと、WebAppのように使える
     ・バックアップドライブを設定すると、ドライブ丸ごとバックアップ用となり、ドライブレターが割り当てられな
      い上に、クライアントのバックアップはデータディスクに作成される。
      バックアップディクスに作成してほしいのに・・・
     ・2TB×2のストライプボリュームを作成し、バックアップドライブに・・・と思ったら、バックアップに設定でき
      ない。スパンもだめ。
     ・データだけを別のドライブにバックアップ・・・と思ったら、スケジュールは1つしか設定できない。
    ということで、バックアップ周りは要改善でしょうか?

    • ご報告ありがとうございます。
      バックアップのドライブについてなのですがドライブあたり2Tまでという指定があります。
      (これはOSの元々の仕様によります)
      バックアップのスケジューリングは確かに検討の余地化かもしれません。
      今後ともよろしくお願いします。m(__)m

  3. Yoshitaka said

    鳩の谷の街様

    いつも参考にさせていただいております。
    EX490にWHS2011をインストールしようと格闘中なのですが、
    うまくいかないのでご教授くださいますようお願いいたします。

    今の状況としては、
    ①余っていた1TBのHDをWindows7でアタッチし初期化
    ②薩摩藩中仙道蕨宿別邸さんのページを参考に、USBメモリにWHS2011のイメージと作成したcfg.iniを展開
    ③初期化したHDをEX490の一番下に挿入
    ④USBメモリをEX490背面USBポートの3つある内の一番下に挿入
    ⑤EX490の電源ON

    そうすると、HDを叩く音がした後、USBメモリのアクセスランプが激しく点滅し、一生懸命読み込んでいるような状態になります。ところが、3分くらい経ったところでUSBメモリのアクセスランプが消え、HDを叩く音もしなくなってしまいます。(この時のヘルスランプの状態は赤⇒紫(白?)の交互点滅です。一晩中放置しましたが、朝になっても同じ状態でしたので、電源長押しで落としました)

    既存のWHS V1のHDを差し込むときちんと起動するので、ハード障害ではないと思います。
    ①で初期化したHDのフォーマットの仕方が悪いのかなと思っています。
    HDのフォーマットはツール等を使用して物理をかけたほうがよろしいでしょうか?
    他に何か思いつくこと等あればご教授いただければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • お世話になっております。
      未確認情報なのですが、このcfg.iniから一文を削除していただけますか?
      InstallSKU=SERVERHOMEPREMIUM
      どうぞよろしくお願いします。m(._.)m

      • Yoshitaka said

        ありがとうございます。やってみます!
        また結果をご報告させていただきます。

      • Yoshitaka said

        教えていただいたとおり、
        InstallSKU=SERVERHOMEPREMIUMの部分をコメントアウトしたら、
        無事にインストールできました。
        本当にありがとうございました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。