鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

WSS SDK ⑥ WSS SDK プレビュー版がリフレッシュされました。

Posted by Hatono-tani : 2011年2月12日


鳩の谷の街です。

公開からしばらくしてしまいましたが、Windows Server Solutions SDK も WHS2011/SBS2011 RC版の公開にあわせてリフレッシュされました。現在MS-CONNECTより公開されています。

WSS SDKのインストールがMSI形式になります。

インストールをしていただくと、どこにファイルがあるのか”?”がつくと思いますが、下記の場所に必要なファイルが保管されています。

Windows 7 x64の場合:
C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Server Solutions\6.1\

下記のフォルダに分かれています。

image

今回変更があったのは下記の点かと思います。

・”Documentation”がオンライン化されMSDNに展開。

・LibraryにあらかじめDLLが登録されるようになった。

まず、ドキュメントのオンライン化についてですが

下記のURL上に公開されました。(英語です。)

Windows Server Solutions

Using the Windows Server Solutions SDK

API reference

開発のためには64Bit環境のVista/windows7が必要で、事前に Windows 7 and .NET Framework 4 に対応した Windows SDK をインストールする必要性があり、そしてビルドの環境も Visual Studio 2010 へと変更になりました。

とりあえずビルドはできないといけないので少しだけ試してみました。(開発は最近素人さんなのでご了解のほど)

まず、SDKフォルダの”Templates”配下のフォルダの内容

image

このフォルダのすべてを自分のプロジェクトフォルダーに登録します。

例:マイドキュメント配下の

\Visual Studio 2010\Templates\ProjectTemplates\Visual C#

image

VS2010を起動していただいて、新規プロジェクトの作成でこんな感じになっていることを確認します。(赤いところが追加される)

image

サンプルは任意の場所においてのビルドができます。元のサンプルを壊さないためにコピーをしておきます。ライブラリも一緒にコピーしておきます。

例:マイドキュメント配下の

\Visual Studio 2010\WSS SDK\ 配下 (新規作成)

image

任意のサンプルをビルドしてみます。

サンプルとして”HealthSample”を開きます。

このままではライブラリの情報不足でビルドができませんのでライブラリのパスを指定してあげる必要があります。

下記のように各プロジェクトの”プロパティ”から”参照パス”を選択し、Liblaryのパスを選択する必要性があります。(従来はターゲットからファイルが必要でしたが、今回はあらかじめライブラリがありますのでそれを利用します。)

image

これを必要なプロジェクト分(このケースでは全部で5個)に上記の設定が必要になります。

設定が完了したらビルドを実施してエラーがないことを確認します。

あとはビルドが完了したDLLをターゲットに移動してあげればテストは可能になります。(このあたりは従来とかわらないのでここを参考にしてください。)

ざっくりとですが、解説を。。

 

 

広告

コメント / トラックバック5件 to “WSS SDK ⑥ WSS SDK プレビュー版がリフレッシュされました。”

  1. jou said

    現在whs2011を使っておりますが、バグが1件あるかもしれません。ユーザーを作成して、全ての権限を与えると、スマートフォンからファイル操作が無効になってしまいます。同じ条件で、PCからのアクセス、ファイル操作は問題ないのですが。
    スマートフォンはiphone android 両方からダメなのでデバイス問題ではないとおもいます。

    また、鳩さんの予測で構わないので、WHS2011 SBS2011の予想価格を教えていただけませんか?

    • バグについては基本的にMS-CONNECTからフィードバックをお願いしています。(これは本社のチームと相談したときに、一元管理をしやすくするためにこのような取り決めにしています。なのでMVPと言えどもフィードバックはMS-CONNECTを使用しています。)
      基本的には最低限のルールとしてタイトルだけは英語でお願いします。後は何とかするみたいです。経験的になんですが。

      予想価格については情報を持ち合わせていないので、何とも言えないのですが、目安としてはSBS official Blogに書かれている金額が目安になるかと思います。
      http://blogs.technet.com/b/sbs/archive/2010/11/02/announcing-windows-small-business-server-2011.aspx
      WHS2011については上記の説明の半分強くらいではと想定しています。どうぞよろしくお願いします。

  2. ジョー said

    お世話になっています。いつも楽しく拝見させていただいています。さて今回のwindows home server 2011ではスマートフォンからの接続に対してスマートフォン用のトップページが追加されています。iphoneやandroid端末からアクセスするとPCブラウザとは違った画面につながりますが、スマートフォン用の壁紙もカスタマイズできるのでしょうか?PC用にはダッシュボートに壁紙とロゴのカスタマイズができるように項目がありますが、スマートフォン用の項目はありません。windowsの中をいろいろさぐったのですが、コレといったものにヒットしないのですが、何か情報をお持ちではないですか?

    • お世話になります。
      スマートフォン向け画面のカスタマイズは自分の記憶で確かならば、提供については最初から考えていなかったように思います。
      これの設計の時に聞いた話では、まずiphoneから接続する方法を提供するのが優先事項だったと思います。(無論このころはandroid端末については検討の対象外だったと思います。)
      もし、自分でファイルを修正するのであれば、
      C:\Program Files\Windows Server\Bin\WebApps\RemoteAccess\Customization\Product\配下にイメージが転がっていて、”mobile.logo.png”あたりを修正すれば、表示したいイメージはできるかと思います。
      参考になれば幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。