鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

WHS2011 のデータ保護に関する個人的考察。

Posted by Hatono-tani : 2011年6月5日


鳩の谷の街です。

WHS2011ではDEが無くなってデーターの保護についてはOEMメーカーが考えるべき内容となっていますが、DSP版を利用している方はその辺の概念がわからないと思います。

実際に質問も来ているので、それをまとめる意味で個人的な考察を書いてみます。

まずはRAIDについてから

・基本的にはServer製品なのでハードウェアRAIDを使用できるかを検討する。

・ハードウェアRAIDを使用できない場合はチップセットを使用してのRAIDを検討する。

・ただし、上記のRAIDを設定する場合はあらかじめトラブルシューティングをして、リカバリができることを検討しておくこと。(できればテストもしておくこと)

・ハードウェアの保守契約ができる場合は別だけど予備を用意(HDD/RAID)しておくこと。

OEMメーカーのソフォロジーデザインというのがあって、HDDはこのようにするらしい。

[松]システム領域はRAID1 データ領域はRAID5で保護する(HDD5本必修)

[竹]全てをRAID5で保護する。(HDD3本必修)

[梅]全てをRAID1で保護する。(HDD2本必修)

(これだけ書くと敷居が高いってよくわかる。。)

次にバックアップ

・バックアップの対象を検討をする場合、WHS2011のケースの時はデータの重複について検討する。具体的にはクライアントで作業するのが一般的なので、クライアントのバックアップをまずはちゃんと考える。

・サーバーのバックアップは共有フォルダの重要なデータから優先順位を考えること。(クライアントのバックアップを重視しないのは、クライアントとサーバーが同時に死ぬことは考えにくいから。)

・共有フォルダのバックアップの頻度を考える場合、一日のデータの変更量とデータがロストしたときの影響度を初めに考えること。ただし、他の方法で代替えが可能な場合は優先度を下げる。(ここで言っている代替えというのは他の媒体でも提供されている場合、たとえばドラマとかの動画データは後になってDVDとかで提供される場合は優先順位を見直す)

・可能であるならば、自動バックアップと別に手動バックアップを検討する。手動バックアップをするのは本当の意味でデータを消してはいけないものを保管する。そして手動バックアップしたHDDを別に保管しておく。(そうしないといざって時に意味がない)

サーバーバックアップについてはRAIDの有無に関係なく検討する。なぜならば、RAIDはその時の情報を保持するのに過ぎないので、自分で意図的に消してしまった場合には対処できないから。

・短期間のバックアップの考え方としてVSSを検討する(デフォルトでは有効)

・バックアップをするときの時間帯は利用者が使用しない時間帯に採取することを検討すること、ただしバックアップにかかる時間が短い場合は時間中でも考えても構わない。(特にクライアントのバックアップは。。)

・サーバーのバックアップはベアメタルバックアップ(内部的にはVHDファイルを作成)なので、バックアップ2回分の領域を確保した方が吉。

さらに個人的には

・バックアップする時間帯は別に深夜にこだわらなくてもいいと思う。空いてる時間帯に調節すればいいんだし。。

・サーバーバックアップは一日2回がデフォルトだけど、それに固執しなくてもいいような気がする。個人的には家庭で使う場合は1日1回でもいい気がする。(ただし、時間は検討する)

・ビジネスで使用する場合はRAIDをまず先に考えて、それからバックアップを考える方が良いと思う、ただしRAIDはリカバリの検討とテストの実施をすること。そうしないといざという時は意味がない。(逆にそれくらい重要なデータを必要とするならば、運用保守を含めたサーバーのあり方を考えてもらう方がもっと重要かと思う)

・データの分散を検討すること。たとえば VVault や DriveHarmony などの仮想化ドライブソリューションや、クラウドバックアップソリューションなども検討の余地もあると思う。(むろんそれなりの費用もかかるのでそれも検討の余地はあると思う。)

かなぁ。。。

全然まとまりがないなぁ。。。orz

ちゃんと構築して運用したい場合は、自分でバックアップの時間がどれくらいかかるかとか、全てバックアップを採取するのではなく、必要な情報を選択するとかを考えて、それからタイムスケジュールを考えるといいと思うのですよね。それと過剰なバックアップはWHS2011的にはどうかなと思うのですよね。個人的には。。m(__)m

広告

コメント / トラックバック8件 to “WHS2011 のデータ保護に関する個人的考察。”

  1. Makoto said

    DE廃止は私にとってかなり衝撃的でした。
    そのせいもあって、買ってきたWHS2011もまだどうするか決め切れて
    いません。

    DEのデータ保護機能、要するに分散するだけ、というのはちょうどいい
    着地点に思えたんですよね。安いSATA-RAIDの信頼性はあまりアテになら
    ないと思っていますし、かといってSASを使うような本気のRAIDなんて
    コスト的にもありえません。

    デジタルビデオやデジカメ写真が積もりすぎて、ある程度のバック
    アップは意識せざるを得ない状況なのですが。
    クライアント側・WHSで2重化、という辺りがちょうどよい着地点
    だと思っていたわけで、旧WHSがちょうど良い感じでした。

    私としては、WHSの主目的が、家庭用バックアップソリューション
    としてちょうどいい着地点であった、というところが大きいので、
    当面DE代替製品が正式にリリースされるまでは様子見を続けたいと
    思っています。

    LTO5ドライブが10万切ったらそれもありかな、とすら思いますね。
    ホームビデオや写真が完全デジタル化されることで、お父さんの
    双肩にかかるものはすっかり重くなってしまいました(笑)

  2. 私もまさにこれで悩んでいるところです。WHS-V1のときは、共有フォルダは
    複製があり、クライアントはクライアント本体とWHS上のバックアップがあった。
    家庭用ならまずはこれでOKと思われた。

    WHS2011で問題になったのは、この共有フォルダが2Tを超えてしまうこと。
    したがってWHS2011のサーバーバックアップの対象にすることができなくなった。

    代替案として考えているのは、2TBを2つと3TBを2つのHDDを用意し、2TBに
    システムと共有フォルダを入れる。そしてこれをもう1つの2TBにサーバーバック
    アップする。このとき、共有フォルダのデータのうち、重要度の若干低いもの、
    もしくは更新頻度の低いものは3TBに作成する別の共有フォルダに移動しておく。

    3TBはWHS2011のソフトウェアRAID(ミラーリング)で2重化しておく。クライ
    アントのバックアップと共有フォルダの一部をこちらに入れておく。

    とりあえずこれでWHS-V1同程度の共有フォルダの保護に加え、クライアントの
    バックアップデータの2重化ができるかと思うのですが、どうでしょうか。

  3. Ryou said

    以前にAcer Aspire easyStore H340 用のVGA CableをHatono-taniさんに送付をしていただきました。
    その節はありがとう御座いました。有用に使用させていただいております。

    その後Vailを睨んで、HP MediaSmart Server EX490も購入し(もちろん以下のサイトでVGA Cableも購入しました(^_^;)
    http://www.mediasmartserver.net/forums/viewtopic.php?f=6&t=8066
    一台をWHS V!を使用しバックアップ用にと準備万端、VailのLaunchに備えておりましたが・・・・

    私もお二方同様、5月のLaunchと同時に購入したWHS2011をどう運用するか決めかねているところです。

    そんな折、今週はじめに会社でFile ServerとしてIO DATAのHDL-Z4WS4.0A導入に携わり、そのRAID構成が興味深いものでしたので
    ご参考までに・・・(因みにWindows® Storage Server 2008 R2が搭載され、CPUはATOM510です)

    1TBが4台搭載されており全てのHDDが50GBと残り約950GBにPatitionが切られています。
    その50GBの2台分を利用し、OSがRAID-1で構成され、残りの950GB×4台でRAID-5が構成されています。

    つまりC-Driveとして50GB(RAID1)
    D-Driveとして2850GB(RAID5)の構成です。
    レスポンスも非常によく、この構成を真似て我が家のHP MediaSmart Server EX490(With Pentium E5300)の
    WHS2011化を目論んでおります。

    • 情報ありがとうございます。
      たしかにこれ面白そうですね。でもどうやってOS載せるのだろうかちょっと考えないと大変かもです。

      • Ryou said

        返信ありがとう御座います。
        OSは古いネタですが、http://www.atmarkit.co.jp/fsys/special/009software_raid/index.htmlを参考にさせていただこうかなと
        思っております。

        IO DATAのHDL-Z4WS4.0AもDinamic Diskで構成されており、まるで真似ッコをと目論んでおります。(^_^;)
        うまくいきましたらまた報告させていただきます。

        今週末は、これから奥さんの買い物のアッシー君に変身しますので来週か再来週くらいにはチャレンジ予定です。

    • Ryouさんの方法の方がHDDの効率はいいですね。RAID5の方がデータ保護も強力だろうし。ひとつ気になったのですが、RAID5で2TBのHDDを再構成する場合、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。RAIDはHDDクラッシュ後の再構成に時間がかかると聞いて、それは避けたいなぁと思っているもので。

      それと、OSのインストールはWHS 2011じゃなくて、SBS Essentials を使った方が楽になりますかね?OSインストールのパーティションに制約がなかったとしたら。

      • 遅くなってすみません。

        OSのインストールはWHS2011のほうが少しだけ簡単です。(ドメインの設定がSBS2011eの方では必要なので)
        ちなみに両方ともベースの部分が一緒なのでパーティションの制限も全く一緒です。はい。(^^;;;

  4. Ryou said

    漸く、準備と時間が整い今週の日曜日にHP MediaSmart Server EX490にVGA Cableを繋ぎWHS 2011をインストールしました。
    インストール後、ディスク0(元々インストールをしたドライブ)とディスク1でRAID-1を構築し‥‥とここまでは順調でしたが、
    ディスク0~ディスク3のRAID-5(950GB×4)の構築に、月曜日の夜からスタートしようやく今朝方終了しておりました。

    かなわさんのブログにもありましたが、相当時間がかかりました。

    HDDクラッシュ後の再構成には、あまり時間はかかって欲しくないですね。

    因みに、会社の外付けHDD(バッファローHD-QS4.0TSU2/R5サーバーのバックアップに使用中)では過去4度RAID-5のHDD(1TB)を
    HDDクラッシュにより交換しておりますが、何れの場合も約8時間程度で再構築が終了しています。

    MediaSmart ServerはSOFT RAIDですから、やはりCPUの能力の依存度が高いのでしょうか‥‥

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。