鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

スマートコンセントをWHS2011で使ってみた。

Posted by Hatono-tani : 2012年1月15日


鳩の谷の街です。

富士通コンポーネント製のスマートコンセントですが、ようやく64Bit版のドライバが提供されたということを購入した楽天のサイトからのメールで知ったのでインストールしてみました。

ドライバについては 下記の製品のサポートとのこと。

Microsoft(R) Windows(R) XP シリーズ (32bit版/64bit版)
Microsoft(R) Windows Vista(R) シリーズ (32bit版/64bit版)
Microsoft(R) Windows(R) 7 シリーズ (32bit版/64bit版)
Microsoft(R) Windows(R) Server 2003 シリーズ (32bit版/64bit版)
Microsoft(R) Windows(R) Server 2008R2 シリーズ (64bit版)

ドライバは手動で入れるタイプになり、今回は 2008R2用のドライバをインストールします。インストールすると"FX Series Smart Power Strip"となります。

image

image

インストールは簡単にできたので、同封されているサンプルアプリを起動してみたら。

サイドバイサイドのエラーがでるのだ

っといった感じで起動できませんでした。(~_~;)

ログを調べるわけで、該当の内容を調べてみると。。

image

イベントのヘルプを選択していくと、TechNetサイトに情報が表示されていて、つたない英語力で読んでいくと、Microsoft Visual C++ 2008 SP1 Redistributable Package が必要らしいとの情報が。。

結局、後々のことを考えて

Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)

Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)

インストールすることに。。(添付アプリだけなら x86版だけですが。)

インストールした後で再起動してから添付アプリを起動するとOKでした。

image

ちなみに富士通SSLさんからも、スマートコンセントを利用した電力消費量見える化ソフトというアプリがありまして、これについては問題なく使えました。(個人的にはこちらのほうが使い勝手がいいかなという印象が)

image

スマートコンセントが使用できるようになったので、アプリを自作してみると面白いことができるかなとちょっとおもったりしました。

ちょっとやり始めなんで、こんなところで。(^^;

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。