鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

Windows 8 Consumer Preview を スレートPCに入れてみた② インストール編

Posted by Hatono-tani : 2012年3月20日


鳩の谷の街です。

この記事はメモとして書いておきます。

Acer – ICONIA TAB W500SWindows 8 Consumer Preview をインストール

1.準備するもの

2.手順

初めにダウンロードしたISOイメージをUSB/DVDに焼きます。

焼き方はここを参考にします。

USBキーボードと焼いたイメージをUSBポートに刺します。

ちょうどこんな感じ(なんかちょっと見苦しいなぁ。w)

_IGP0480

次にここにある手順で起動します。と書きたいのですが、実際には 電源ボタン+[Windows]ボタンを押して起動すると、Acerロゴの表示の直後に[F12]キーを押すとブートするドライブを選択できますのでISOイメージを選択します。

_IGP0488

しばらくするとこの画面が表示されます。

_IGP0491

ここまでくるとタッチパネルは使用できるので、USBキーボードを抜いても平気でした。(;^_^A

後はメニューの通りにやっていきます。(ちなみにカスタム設定のクリーンインストールで実施しました。)

インストール完了後に解決できないドライバーが2つあります。

IMGP0573

1つは、Bluetoothドライバですが、ドライバーの更新作業を実施するとダウンロードして更新されます。

もう1つは傾きセンサーのドライバです。

ACERのサポートセンターからドライバーをダウンロードします。

機種をこのように選択し、Bosh の G Sensor ドライバー を選択します。

image

(余談ですが、実は64Bit版もインストールできたのですが、どうもこれの64Bit版が見つけられないので、32Bit版でインストールしました orz )

このダウンロードしたドライバーをインストールします。(ドライバーの更新で展開したフォルダーを指定します。

ドライバーを展開したあとで、再起動をしても傾きには対応しないので、さらにアプリケーションをインストールします。、

image

上記の2つのアプリ(Device Control と Auto Screen Rotation Blocker )をインストールします。再起動後ログインすると傾きに反応してくれるはずです。

基本的にはこれだけが変更点です。

3.その他

ついでに余談で気になったことも書いておきます。

タッチパネルだけでインストールすると、プロダクトキーのところで、写真のようにプロダクトキーが見えない。(~_~;)

IMGP0537

ざっくりと書いてみました。

今日はこんなところで。m(._.)m

 

PS.お約束というかWHS2011も無理やりインストールしてみましたが、当然ネットワークが解消できないのでインストールできないです。(無線LANだしねw)IMGP0519

ちなみに解消できないドライバーはこんな感じでした。

IMGP0523

ちょっと面倒かもしれませんw

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。