鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

Windows Server 2012 Essentials の画面を一通り②リモートアクセス編

Posted by Hatono-tani : 2012年7月4日


鳩の谷の街です。

次はリモートアクセスの画面です。

基本はSBS2012eのリモートアクセスの後継になりますが、ストリーミングサービスの追加と、タブレット対応が中心になります。

まずはログイン画面

login-desktop

下の表示をタブレットを選ぶと画面がタブレット向けに変更されます。

login-tablet

当然ですがログイン画面もカスタマイズできます。(画像は藍澤 光さん

hikaru-login

ログインした直後の画面。デスクトップ設定の画面です。

WHS2011と違うのが Office365 の画面ぐらいですかなぁ。

login-home

タブレットを選択してログインした画面。横方向が狭くなっているのがわかります。

home-tablet

共有フォルダーの画面。基本的には変更はないですが、会社のフォルダーがあるのがSBSを継承してますね。

file-user

コンピューターの画面。管理者でログインしてサーバーに接続した場合、リモートデスクトップとダッシュボードの画面が選択できます。

image

メディアサービスの画面。WHS2011のユーザーは定番ではありますが、メディアサービスを有効にしないと表示されないです。

ミュージックの画面。

music-list

music-play-list

ピクチャの画面

pict

pict-showcase

そしてビデオの画面。

image

play-list

この辺りは完全にWHS2011を踏破してますね。

以上、簡単ではありますが。

広告

コメント / トラックバック1件 to “Windows Server 2012 Essentials の画面を一通り②リモートアクセス編”

  1. […] Windows Server 2012 Essentials の画面を一通り②リモートアクセス編 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。