鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

Windows Server 2012 Essentials が RTMしました。 \(^o^)/

Posted by Hatono-tani : 2012年10月10日


鳩の谷の街です。ご無沙汰しております。

image

タイトルの通りですが、公式Blogにて Windows Server 2012 シリーズで開発がまだ
完了していなかった Essentials がRTMのステータスになったことをアナウンスしました。

技術的な話しは色々ありますが今日はやめておきます。
(正しくは時間がなかった orz )

以前某イベントで資料を作っておきながら、掲載しなかったネタを貼っておきます。

これはWHSが出荷される前からの SMB向けWindows Server 製品のベース製品
の流れをざっくりと書いたもので、SBSの派生モデルとして開発されたWHSが
時代と共に、立場を逆転していることがわかると思います。クラウドの利用を
想定した場合、Corolado製品の方が優れていることがその判断になったとの認識を
持っています。

image

2つ目の資料は、旧世代の製品と Windos Server 2012 製品の関係を書いたもの。
この製品へ集約していることがわかると思います。

RTM説明2

WHSで実装していたDEや黒歴史になってしまったDE-V2の考え方はもっと抽象化され
Windows Server 2012 や Windows 8 の 記憶域プールになったと思っています。

Essentials 製品が目指すところは、最初のサーバーとして簡単に管理は出来るけど、
実は懐がとても深くて、どこからでもアクセスできる様になるし、クラウドサービスも
ちゃんと考えている点にあると思います。

いろいろとやきもきしましたが、この発表で年内のラウンチできる下準備が確定できそうです。
あとは、価格とOEMさんからどうやって提供されるのが楽しみかなーっておもいます。

簡単ではありますが、今日はこんなところで(半端になってしまってすみません)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。