鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

Acer H340 の筐体を使って自作してみた④GA-C1007UN-Dを載せてみた

Posted by Hatono-tani : 2013年4月29日


鳩の谷の街です。

かつてこのような記事を書いたのですが、ちょっと作り直したいと思ってました。

Acer H340 の筐体を使って自作してみた①組み換える

理由は完ぺきにオーバースペック感があったので。

で、チョイスしたのはギガバイトさんのGA-C1007UN-D

これ、Ivy Bridge版Celeron 1007U なのでなんとなく期待できそうなんですよね。

エルミタージュさんのところでもベンチマークもあってちょっと見てました(;^ω^)

IMGP1408

で、いろいろと思ったことを書いておこうかと。

・部品の配置のレイアウト的には、H340のケースにはいいかもしれないと思ったこと。

これはケーブルの配線が現行のH340のマザーと似ていて、おそらくそのまま流用はできそう。
(ただし、単純な交換は無理で、電源まわりのジャンパーやフロントパネルの配線をつくら
ないといけない必要はあります。”h340 マザーボード 交換”で検索をかけてもらうと、
最初の検索結果の画面から交換したユーザーさんのサイトがあり、その中に隠し画面で
配線が書いてあります。)

左が前回のインテルのマザボ(DQ67EP)、右が1000Uのマザボ
IMGP1406

・ファンを含めた高さが低いので排熱的にも期待できそう。

実は前回交換したマザボで一番気になったのがHDDまでの高さが高くて、排熱平気かな
と思ってました。そういう意味でオンボードのマザーのほうが期待できそうでした。
(写真を何枚か追加しましたが、上まで低いので結構期待できそうなのはわかるかと)

IMGP1407

IMGP1411

IMGP1416

IMGP1417

・BIOSが新しいのでちょっと使いこなせない感が。。orz

元々ギガバイトさんのBIOSは苦手意識があったのですが、だいぶ良くなった感じはありますが、
まだちょっと使いこなせない感じが。ついでに言うとUEFIは初めてです。(-_-;)

ちょっと適当にとったのでいい加減です。(-_-;)

IMGP1423IMGP1425IMGP1426IMGP1427IMGP1429IMGP1430IMGP1431IMGP1433IMGP1434

・パフォーマンス的には期待するとちょっとがっかりするかも。

セレロンではありますが、最新のCPUなのできびきびと動きますが、I/O周りが最適化しないと
ちょっとシビアな感じが否定できないかなぁ?SSD使うとかなり良くなると思うけど。
ちなみにWHS2011インストールしたときの実感なので。ストリーミング系は厳しいかも。

下はWHS2011をインストールしてからMS-UPDATEを最新にした後の状態。
(お約束で”ネットワークドライブインストールする必要”はありますw)

Giga-1007U-PnP-Info

ざっくりとやった感じではありますが。(;^ω^)

さて、この後 Windows Server 2012 Essentialsでも載せてみるか?
その前にメモリを買ってこないと。orz

PS.多分、NICが2つあるのでチーミングしたいというニーズはあると思うんですが、
WHS2011では動かないみたいですから

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。