鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

WS 2012 R2 Essentials で Windows Azure Backup を使ってみる ③終了編

Posted by Hatono-tani : 2013年9月20日


鳩の谷の街です。 

WS 2012 R2 Essentials で Windows Azure Backup を使ってみる ②利用編 の続きです。

オンラインバックアップの対象の除外については上記の画面のとおり、
右クリックで選択していただけると下記の画面になります。(表示できない場合は利用中の可能性があります。)

2013-09-16_000402

この方法で先ほどの 会社のフォルダーを保護されていないとなります。
ただし、Azure Backup とは連携の関係にあります。

2013-09-16_000420

では、最後に Azure Backup の サーバー連携を解除していきましょう。
上の画面の右中にある”オンライン バックアップの構成”を選択します。

2013-09-16_000106

警告が表示されるので、はいを選びます。

2013-09-16_000114

これでしばらく待っていただくと下記の画面になります。

2013-09-16_000128

それ以降の画面は下記の通りになります。
対象のフォルダーがないことがわかると思います。

2013-09-16_000459

最後は Azure 側の設定の変更になります。

おそらく ダッシュボードのステータスを見るとサーバーが1になっています。

2013-09-15_234611

サーバーを選択してコンテナを削除します。

2013-09-16_000629

削除しますかのといあわせがでますのではいを選択します。

2013-09-16_000642

完了すると下記の画面になります。

2013-09-16_000701

ダッシュボードを選択するとサーバーがないことが分かります。

2013-09-16_000714

以上が Windows Server 2012 R2 Essentials での Azure Backup についての簡単な説明になります。

個人ユースではそこまで必要ないとは思いますが、SOHO以上の企業ユースであれば、BCPの観点から企業の存続にかかわるようなデジタルアセットを自分の近くの環境とは別のところに自動的に転送できるのであれば、一考の余地はあると思います。ただし、競合他社さんもこのようなサービスがあるのも認知しているので、どれが便利なのかは多少考える余地はあるかもしれないです。

以上ざっくりとですが、メモ程度に書きました。m(__)m

広告

Sorry, the comment form is closed at this time.

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。