鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

カラリオで3Dフレームを印刷してみた。

Posted by Hatono-tani : 2013年12月1日


鳩の谷の街です。

2nd

エプソンカラリオモニターに参加中 なので今回は最終回のレポートになります。

初回にFaceBook の写真の印刷をしたり、二回目に年賀状の印刷をしたので、
今回は3Dフレームの印刷をしてみようかと思ってます。

3Dフレームってなんぞやと言われるので簡単に説明。
街中の印刷物、ポスターなどで見る場所を変えることで微妙に見えるものをすこしづつ
買えることで、立体的に見せるものがあります。(ビックリマンチョコのシールみたいなやつ?)

エプソンのサプライ品のなかで、下記のバラエティシートがあります。

フォトカード<3Dフレーム>

実はこのシートは下記の通り制限があってちょっと敷居が高いのですが、内覧会の時に
面白いと思ったシートだったりします。(ちなみに2枚でEpsonDirectで販売価格が780円)

・適合機以外のプリンターでは印刷できません。
・3Dフレームの印刷には、スマートフォン・タブレット端末専用のアプリケーション
「3Dフレーム Print」が必要になります。

折角なのでこのシートをつかってクリスマス用のウェルカムシートみたいなものをつくろかと。

まずはフレームの中の写真をあらかじめ撮影しておいて、スマフォかタブレットの内臓ストレージ
に保管しておきます。

Android の場合は 3DフレームPrint アプリをダウンロードしておきます。
(iOSは
こちらになります)

で、下記のアイコンもしくは、Epson iPrint から選択します。

2013-11-30_2153212013-11-30_215521

起動するとこのような画面になります。

2013-11-30_215542[3]

まずは”3Dフレーム印刷”を選択します。

3Dフレームのフレームの部分と写真を選択する画面になります。
写真は過去に撮影した実家の仔猫の写真を選んでみました。(;’∀’)


2013-11-30_224700

3Dフレームについては20種類あります。

2013-11-30_2206312013-11-30_2206442013-11-30_2206572013-11-30_220711

2013-11-30_2207242013-11-30_2207352013-11-30_2207472013-11-30_220854

2013-11-30_2209112013-11-30_2209222013-11-30_2209332013-11-30_220944

2013-11-30_2209552013-11-30_2210062013-11-30_2210162013-11-30_221025

2013-11-30_2210362013-11-30_2210482013-11-30_2210592013-11-30_221109

ちょうどクリスマスのシーズンなので、それっぽいものを選びます。
選択をしたらプレビューをしてみます。
プレビューの画面では3Dっぽい画面のレビューになりますw。

2013-11-30_224941

で、印刷になります。

印刷の最初にこの画面になりますが、このタイミングではシートは
プリンタの背面にはセットしないでください。
(セットすると用紙チェックが入るためにキズがつく可能性があるため)

理解したらOKボタンを押します。

2013-11-30_225019

しばらくこんな画面になって、

2013-11-30_225029

プリンター側に用紙催促の画面が表示されます。

1385820152879

同様にスマフォにも下記の用に案内が表示されます。

2013-11-30_2253152013-11-30_2253342013-11-30_225348

用紙のセットが完了して、印刷ボタンを押すと下記のように自動的に印刷します。
(個人的にはWi-Fiの近い場所にスマフォを置くことをおすすめします。
データーの転送量が多いので安定するためです。)

2013-11-30_2301302013-11-30_230529

あとは1分くらい待ってもらうと印刷が完了します。

印刷したときは何だこれはなんですが、裏を返すと

1385820733381

おおーって感じになります。

1385820763758

あとは後ろに保護シールを張っていきます

1385821153395

本体ができたらケースの印刷になります。


ケースは下記のセットから選択します。
一枚用と二枚用とがあり、一枚用はお渡しするイメージ
2枚用はブックスタンド風になります。

2013-11-30_222153

選択できるのは1枚用2つと2枚用5つの七種類、
個人的にはやや厚めの紙に印刷するのが良い感じかと思います。

2013-11-30_2219382013-11-30_221951

2013-11-30_2220192013-11-30_2220362013-11-30_222050

2013-11-30_2221042013-11-30_222125

とりあえず最後のグリーンをチョイスします。

1385862675813

シートを送るためにメッセージカードも印刷できるようになっています。

2013-11-30_222153

種類は下記のとおりで10種類あります。

2013-11-30_2222182013-11-30_2222312013-11-30_2222482013-11-30_222300

2013-11-30_2229482013-11-30_2230072013-11-30_2230212013-11-30_223037

2013-11-30_2230532013-11-30_223107

ちなみに本アプリの説明についても、アプリの中にかかれていて、割といい感じになってます。

2013-11-30_2232552013-11-30_2233072013-11-30_223317

2013-11-30_2233322013-11-30_2233452013-11-30_223410

2013-11-30_2234212013-11-30_2234332013-11-30_223445

ちょっと凝ったポストカードを作ってみたい場合はおすすめです。


今回がエプソンのモニターについては最後なのですこし気になったことを書いておきます。
全体的に気になったのは用紙のチェックが厳しい感じがとてもします。
任意サイズの印刷は内覧会でも質問した事項なので報告の意味で書きます。

簡単にいうと、規定サイズ以下の用紙(たとえばシステム手帳の小さいリフィールとか)を
出力したい場合は、用紙をいったん読み込んでから排出口に出るパターンがあって、
そのあとにエラー通知されることが多いです。

たとえば、oz さん作成の ozprinr4 を任意サイズをプリンタドライバの設定で任意サイズを
設定します。(EXCELでも同じ結果になりますが、使用しているのはこちらなので)

2013-12-01_124657
※ SD サイズの設定は 140mm x 80 mm と指定します。(はがきのスリム版くらい)

この指定で出力すると。勝手に用紙が排出されて左の画面のように催促がでます。
で次へと選ぶと3択をする画面になります。

13858687382691385868752722

”セットされている用紙にそのまま印刷する”を選択してやると、出力はしますが
ちょっと厳しい感は感じます。(率直な話任意サイズは指定してエラーにならないけど、
セットされている用紙と異なるとエラーが出るのはちょっと解せない)

多分この辺はプリンターに対するフェールセーフなのかなとも思ってます。

最後になりましたがもしよろしければこちらの方も参照していただけると幸いです。m(__)m

image15

広告

Sorry, the comment form is closed at this time.

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。