鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

ASRock Q1900-ITX を Acer H340 にいれてみた。

Posted by Hatono-tani : 2014年5月5日


鳩の谷の街です。

20140505_091922_Android

連休恒例の自作したい症候群が発症したので、そんなに悩まないで
(正しくはSATAが4本のJ1900のマザーが欲しかったので)

変態マザーの呼び声高い ASRock さんの Q1900-ITXを買ってみた。
ついでなので、メモリと Windows 8.1 Update 限定パックも買ってみました。
(OSはどっちでもよかったんですが、限定品には負けました。orz)

20140504_202138_Android

一応家鯖用にセットするつもりなので、さしあたって余っている Acer H340 を交換することに
過去に交換したのは C1007UN-D でそれとの交換になります。

(左がQ1900-ITXで、右がC1007UN-Dになります。)
20140505_094022_Android

(実際にボードをいれた時のサイドの状態、かなり空きがあって期待できそうな感じでした)
20140505_102131_Android

確認用として WHS2011 でインストールしました。
案の定、ネットワークデバイスについては個別インストールの必要があります。
大体インストールに1時間強かかる感じでした。(あとで記述しますが。)

インストール時には5つドライバが不明なのですが、ドライバCDからインストールしたあとの
システムはこんな感じでした。

システムの表示
システムの表示

デバイスマネージャの表示その1システムデバイス_1

デバイスマネージャーの表示その2(1つだけ不明なデバイスがある)
システムデバイス_3

インストールしただけなので。触ってみた印象をいうと、システム側のHDDの転送がもっさり感がある印象
(HDD接続で3Gbの転送レートのせいかもしれないが)CPUについてはキビキビ感がちゃんとできていて
データーディスクを後方のSATAに持ってくとかなり期待できそうな感じでした。

このあとは別のOSを入れてみようかとおもいます。

とりあえずこんなところで(^_^;)

広告

Sorry, the comment form is closed at this time.

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。