鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

Thecus W2000 を買ってみた ④リカバリとBIOSについて

Posted by Hatono-tani : 2016年7月31日


鳩の谷の街です。

本体を購入した場合に初期セットアップをすると最初からマルチランゲージ仕様でインストールされますが、
(普通に日本語でインストールができるという意味で)リカバリーを使用した場合は英語版でインストール
してから日本語のパッチを当てる形になります。 ただし、初期セットアップをしてみてから、MS-UPDATEを
実施すると250個パッチが降ってくるので、 どっちもどっちかなと気がしてます。
(英語版からだと10個くらいでした。記載当日現在ですが)

参考までに手順についてもサポートに記載はされていますが

①ThecusのFTPサイトにいって、OSのインストールイメージと言語パックをダウンロードする。

②ダウンロードファイルがISOファイルなのでUSB等に焼きます。手順に記載されていたRufusが便利でした。

③裏のUSB端子にUSBを差し込んでから、電源ON,[F2]を押してメニューを表示して起動ドライブをセットして、と書いてあるけど実際はBIOS画面でプライマリがUSBなのでそれに従う。

下は画面
WP_20160728_23_13_37_Pro
リカバリを選択すると諸々の注意事項がでてくるので確認する。

WP_20160728_23_13_46_Pro

こんな感じでリカバリが進んでいきます。

WP_20160728_23_14_23_Pro
④リカバリが完了すると、再起動を促されるのでUSBメモリを抜いて再起動する。
再起動をするとOSのセットアップが開始され、最初に言語について聞かれるが”英語”で回答する。
次にライセンスキーを聞かれるので入力します。スキップもできます。
(スキップしてもインストール終了ししますが、翌日からライセンスキー催促されますw)

後は英語のメニューで作業がすすむ流れになります。(スナップとったつもりがなかったです。orz)

下はOSの最初のセットアップが終了して最初のAdministratorとしてログインした直後からのスナップ
丁度”Essentials エクスペリエンス”のインストールになります。

 a1
設定の開始の画面
a2

タイムゾーンの設定、USのタイムゾーンなので設定を変更します。
a3
タイムゾーンの変更。

a4-time-zone

一応、ドメインコントローラになるので時間を正確に合わせておきます。

a5-internet-time

a6-set-internet-time

設定が変わったことを確認します。a7-update-time

ドメインの設定。自分の環境ではドメインコントローラを使用してないのでこんな感じ。
ドメインコントローラがある場合は他のサイトみてください。(;’∀’)
(Windows Server 2012 R2 Essentials エクスペリエンスと同じ挙動だと思います)

a8-setup-domain

管理者となるアカウントは他のユーザーとかぶらないようにしましょう。(実は後ではまってやり直したw)

a9-admin-user-pass
Windows Update の設定。

a10-update-tipe
で作業開始になります。

a11-start-update
しばらくほったらかしにするとすべての作業が管理用になります。
a12

㊧インストールが完了したら、先ほどダウンロードした言語パックを任意のフォルダーにおいて、
デスクトップ上にある”Install or Uninstall Display Languages”をクリックして、
言語パックを選択します。

b01

b2

b3

b4

b5

そのあと言語ロケールを正しく?反映していきます。

b6

b7

b8

この作業の後でユーザーアカウントをなおすといいような気がしました。

それと、BIOSについては説明が書かれていないので自分でとった画面を多めに載せておきます。

メインのメニュー
WP_20160728_22_53_48_ProWP_20160728_22_54_04_ProWP_20160728_22_54_21_Pro

アドバンストのメニュー 言語設定も日本語できます。 (ぶれててすいません)
WP_20160728_22_54_37_ProWP_20160728_22_54_44_ProWP_20160728_22_54_54_Pro


WP_20160728_22_55_01_ProWP_20160728_22_55_17_ProWP_20160728_22_55_30_ProWP_20160728_22_55_43_ProWP_20160728_22_55_53_ProWP_20160728_22_56_03_ProWP_20160728_22_56_13_Pro
IOの設定とモニタリング

WP_20160728_22_56_25_ProWP_20160728_22_56_32_ProWP_20160728_22_56_44_Pro

セキュリティのメニュー

WP_20160728_22_56_56_Pro
起動設定のメニュー
WP_20160728_22_57_04_Pro
最後のメニュー
WP_20160728_22_57_12_Pro
BIOSについても新しいものが提供されてるのでチェックしたほうがいいかもです。

しかし、見直してみてNASのBIOS画面をのせてる自分っておかしいと思うwww > 俺 orz

今回はこのあたりで。

広告

Sorry, the comment form is closed at this time.

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。