鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

Archive for the ‘WebGuide4’ Category

WebGuide4 で MP4形式を再生してみる。

Posted by Hatono-tani : 2009年11月28日


鳩の谷の街です。
 
 Windows Home Server が Power Pack 3 対応になったことで
 Windows Media Center で 録画したTVファイルをMP4形式へ
 自動的に変換する機能が追加されました。TVアーカイブです。
 (ただし、日本の場合はアナログ放送に限るのだけど。。)
 
 当然の要望として日本ではニーズの高いWebGuide4での再生は
 あると思っているので、これを自分のBlogに書いてみました。
 これは以前WHS日本語版グループの記載内容の書き直し版です。

 
 
 (1)FFDShowを使用を使用して、ホームサーバ側のWindows
  Media Player で MP4を再生できることを確認します。
 
 ・FFDShowの最新のバージョンをダウンロードしてインストールします。
   これは普通のインストール方法でできます。
 
 ・MP4Splitterの最新バージョンをインストールします。
 
  ダウンロードしたモジュール"MP4Splitter.ax"をC:WINDOWSsystem32にコピーします。
  コピーしたら、コマンドプロンプトを起動して
 
  regsvr32 MP4Splitter.ax と入力します。下記の通りになります。
  
 
  この状態でホームサーバー側でMP4を再生できることを確認します。
  
 
 (2)WebGuide4の設定を変更します。
  

  WebGuide4 Configration の ”Media Sharing” を開きます。
 
  ・ファイルの拡張子を紐付けします。(左側)
  
 
  一番下の”Stream Configration”を設定します。
 
  この中でffdshow video/Audio を設定します。 
  
 
  ・アクセス権を変更します。
 
  同じくWebGuide4 Configration の ”General” を開きます。
 
  この中で”Windows Accounts”を設定します。
  
 
 
  3つ設定で”Administrator”と該当のパスワードを設定します。
  
 
  [Set]は各項目ごとに押していただいてチェックができてから
  [Close]を選択します。
 
  これで一通り設定ができるはずです。
 
 但し書きがあります。
 
 私の環境の話をさせていただくと、Acer H340を使用した環境では
 200kbpsが限度でした。それとWebGuideの再生ができるまで10秒
 くらいかかるので、短いファイルの場合は再生できない場合がありま
 す。その点をご了解ください。

 
今日はこの辺で。(^_^;)
 
PS.WHS WebコンソールとかWebGuide4とかのメイリオフォント
  バージョンみてみたいかも。(^_^;)
 
 
広告

Posted in WebGuide4 | Leave a Comment »

WebGuide4 音楽リスト情報の更新について。

Posted by Hatono-tani : 2009年4月22日


鳩の谷の街です。
 
 2-3日前にプライベートメールで質問がありました。
 ” WebGuide4 のリスト情報の更新はどうすれば良い?”という内容。
 
 私は普段は積極的には WebGuide4 を使用してはいなくて、
 時々思い出したように使うというスタンスなので、この間に入れた
 ライブラリは自動的に更新されるというイメージでした。。orz
 
 WebGuide4 のリスト更新(特に音楽リスト)は WMP(Windows
 Media Player) の DB 参照しているのかとズーと思っていたのですが、
 実際の所は定期的に WMP のDBから独自のファイルを生成している
 ようです。( C:Program FilesWebGuideWebGuide4app_data
 配下に albums.bin / artists.bin というファイルがそれだと思う )
 
 では、WMPのDBを手動で獲得したい場合はと調べてみました。
 ちょっと入り組んだ所に設定があるのですが。。
 
 WebGuide4 の Web画面の右上に[…]があるのでクリックします。
 この中で "About" を選択します。
 
 
 "About" 画面で"More info" を選択します。
 
 
 "System Info" 画面から "WMP Library Status" をえらびます。
 
 
 この画面が表示されます。
 この画面で最近の更新状況が表示されます。
 
 
 [Reset Liblary] を選択するとこんな画面になって
 (時々[Refresh Status]を押して更新する必要がありますが。。)
 
 
 さらにこんな画面になります。
 
 
 一通り終了するとまた画面が戻ります。
 画面が戻ったらWebGuide4をいったん終了して再度接続します。
 
 
 ちなみにWMP側の更新なんですが、立ち上がった時の状態で
 [F3]キーを押してから作業すれば大丈夫だと思います。
 
 
今日はこんなところで。。(^^ゞ

Posted in WebGuide4 | Leave a Comment »

初めてのWebGuide4 – その5 – WMPのための設定

Posted by Hatono-tani : 2009年4月4日


鳩の谷の街です。
 
 今回は日本語化の設定で最終回になります。
 
 まず音楽フォルダーをWMPで音楽を再生すると下記の通りに文字化け
 してしまいます。
 
 
 本当はこんな感じのファイル名なのですが号泣
 
 
 というわけでIISの設定をしていきます。
 
 コンソールに管理者(Administrator)としてログインします。
 まずは[管理ツール]にある[IISマネージャー]を起動します。
 
 
 [Webサイト]-[既定のWenサイト]ー[WebGuide]と展開して
 右クリックで[プロパティ]を選びます。
 
 
 WebGuideのプロパティの画面をえらんだら[ASP.NET]を選択し、
 [構成の編集]を選択します。
 
 
 [構成の編集]を選択すると、[ASP.NET 構成の設定] の画面を選択します。
 (もしかしたら画面が後ろに出るかもしれませんが、前に持ってきます)
 
 [アプリケーション]タブを選び、グローバリゼーションの設定を変更します。
 
 
 この枠の設定を上3つを”shift_jis"と記載します。
 下2つは”ja-JP”を選択してWindowsで使用している漢字コードを設定します。
 
 この画面の通りに設定したら[OK]を押します。
 
 
 ここまでの設定が終わったらすべての画面を閉じます。
 
 WebGuideを選択し、音楽を選択しアルバムを再生します。
 ちゃんと日本語の表示が出来ると思います。
 
 

 音楽ファイルが持っているタイトル等の情報によっては変更が必要
 な場合がありますので、これはカット&トライしてみてください。
 
 以上駆け足で紹介してきました。。
 ビデオファイルの再生も出来るようになっていますが、これについては
 しばらくしてから情報を公開したいと思います。
 
 出先で音楽を聴きたいときなんかは最高です。是非お試しください。
 
それでは。
 

 
 
 

Posted in WebGuide4 | Leave a Comment »

初めてのWebGuide4 – その4 – 日本語化のための設定

Posted by Hatono-tani : 2009年4月4日


鳩の谷の街です。
 
 今回は WebGuide4 を少しカスタマイズして日本語化していきます。
 今回からはコンソール画面を使用しますので管理者(Administrator)として
 ログインしておきます。
 
 自分の SkyDrive からWHS版日本語トークンファイルをダウンロードして
 "WHS-strings-ja-Jp.xml" から "strings-ja-Jp.xml" へと名前を変更します。
 
 ”C:Program FilesWebGuideWebGuide4localization” 配下に
 各言語のトークンファイルが格納されてますので配置します。 
 
 
 次にWebGuide4のコンフィギュレーションを直接起動します。
 
 
 見たことがある画面が表示されると思います。
 右下の[Advanced]を選択します。
 
 
 詳細の設定画面が表示されるので、[localizeation]を選択します。
 
 
 デフォルトだと英語だと思うので日本語を選択します。
 日本語を選択したら、[Save settings]を選択します。
(もし日本語が表示されなかったら、ファイル名が"strings-ja-Jp.xml"で
 あることを確認してくたさい、大文字/小文字も合わせます)
 
 
 画面が下記の通り "Saved Setting” になるはずですので確認します。
 
 
 設定が終わったら[×]を選択し設定を終了します。
 
 設定が終了したら、一度WebGuide4で日本語表示されることを確認して
 みてくたさい。
 
 
 これでとりあえず日本語のメニューになります。
 
 次回は日本語化の最終階でWMPが表示を直していきます。
 
今回はこれで。。

Posted in WebGuide4 | Leave a Comment »

初めてのWebGuide4 – その3 – Add-Inのインストールと初回設定

Posted by Hatono-tani : 2009年4月4日


鳩の谷の街です。
 
 いよいよAdd-Inのインストールをします。
 まずはこちらのサイトからダウンロードして共有フォルダの
 "ソフトウェアAdd-In"配下に WebGuide4_4113-WHS.msi
 を格納します。
 
 
 WHSコンソールからログインします。
 
 
 ログインできたら次に右上の[設定]をえらびます。
 設定の[アドイン]をえらんで、[+使用可能]タブをえらびます。
 
 
 WebGuide4 というタブが現れますので[インストール]を選択します。
 こんな感じでインストールすると思います。
 
 
 インストールが完了すると催促の画面が出るのでそれに従います。
 
 
 催促に従うとWHSコンソールが終了するので、再度WHSコンソールを起動
 してログインします。そして再度右上の[設定]をえらびます。
 次は左の一覧に[WebGuide]という項目が出来ていますので、それを選択
 します。下記の画面になると思います。
 
 
 この状態で、[Configure WebGuide]を押します。
 
 すると、下記の画面になって設定が開始されます。
 
 
 しばらくすると、下記のように管理者パスワードを聞いてくるので
 WHSコンソールと同じパスワードを入力します。
 
 
 パスワードを入力すると、設定画面が再度走ります。
 
 
 設定の途中で、下記のようなエラーが出る可能性があります。
 これはWebGuide4がストリーミングの再生のために、ポート番号444を
 使用するためにUPnPの設定を変更しようとして出来ない時にでます。
 (これは後でルーターで設定してください。444を解放する設定をします。)
 とりあえずは、[OK]を押して無視します。
  
 
 設定が一通り終わると、コンソールに戻るかの設定をしますので[はい]を
 選択します。
 
 
 ここまで設定が終わったら[設定]画面を終了して、WHSコンソールを終了
 します。
 
 リモートアクセスを実施するためIEを立ち上げて
 http://自ドメイン名.homeserver.com/home もしくは
 http://ローカルPC名/home を指定してリモートアクセスから
 ログインします。
 
 オレンジ色のところに WebGuide4 のアイコンが追加されます。
 
 
 WebGuideを選択するとしばらくしてからこの画面が表示されます。
 
 
 ここまで出来れば英文のタイトルは再生できると思います。ウインク
 
 次回はメニューを日本語化する方法について解説します。
 
今日はこんなところで。(^^ゞ
 

Posted in WebGuide4 | 1 Comment »

初めてのWebGuide4 – その2 – Add-In をインストールする前にすること。

Posted by Hatono-tani : 2009年4月4日


鳩の谷の街です。
 
 Add-Inをインストールする前に実施しておくと良いことを記載しておき
 ます。ただし、必ずやらなくでは行けないという分けでもないのですが。。
 
 再生したい音楽ファイルや、写真ファイルをサーバーの共有フォルダにコピー
 しましょう。特に音楽ファイルはあらかじめクライアント側でアルバムアート
 (つまりアルバムのジャケットを貼り付け済みの状態)にしてから、アルバム
 単位でフォルダーを作成しておきます。
 
 クライアント側でこんな感じで再生できるようにしておきます。
 
 ジャケットはアマゾンあたりで検索をかけると、表示されますので
 それをオレンジの写真の枠にドラック&ドロップすると貼り付けます。
 
 
 
 共有フォルダに音楽(MP3形式やWMA形式)や写真(JPEG形式)を
 格納できたら、直接、もしくはリモートデスクトップ等を利用して
 ホームサーバの管理者 ( Administrator )  としてコンソール(
 WHSコンソールではない!)からログインして 
 Windows Media Player を起動します。
 
 
 おそらく、Acer Aspire easyStore H340 を購入された方は
 Windows Media Player を起動したことすらないと思いますので
 初期シーケンスが起動されます。
 
 おそらくこの画面がでます。[次へ]を選択します。
 
 
 これも[次へ]を選択します。
 
 
 最後はファイル形式をえらんで[完了]します。
 
 
 [完了]をえらぶと、ファイルを検索してライブラリを作成します。
 
 確認して頂きたいことは”アルバム”をえらんで頂いてちゃんと
 情報があっていることです。正しければアルバムタイトルが下記の
 ように表示されます。もし不適切であればそれを修正します。
 (修正方法はいろいろとあるのですが、今回は省略します。(^^ゞ)
 
 
 参考までにH340を持っている方で音楽を再生するとエラーになります。
 それは、再生するデバイスがないからです。(^^ゞ
 
 
 アルバムに登録されていることが確認できれば次のステップへと移ります。
 次回はAdd-Inのインストールと初回設定についてです。
 

Posted in WebGuide4 | Leave a Comment »

初めてのWebGuide4 – その1 – イントロダクション

Posted by Hatono-tani : 2009年4月3日


鳩の谷の街です。
 
 今回から数回にわけて WebGuide4 の インストール方法と、日本語
 メニューの設定方法、クライアントからのWMPでの対処について
 解説したいと思います。
 
  
 
 写真の再生              音楽の再生
 
 
 はじめに WebGuide4 なのですが、元々はメディアセンターの
 Add-Inとして開発されたのですが、Windows Home Server
 英語版の提供後しばらくしてからWHS版が提供されました、
 WHS版が提供される前後まではシェアウェアだと思ったのですが
 のと同時に無料化されました。
 
 私がこのソフトを知ったのは2007年11月頃で、WHS版はまだベータ
 でした。海外ではそこそこ知れ渡っているのだけど、日本ではWMの
 サイトで簡単な解説しかありませんでした。(しかも英語だった。)
 当時英語版のWHSしかなかったので、まずは軽い気持ちでインストール
 したのですが、意外と出来ることが分かってそれからのめり込みました。
 まずは日本語でメニューを表示させるところから始めて、DVDも再生
 出来ることが分かってからかなり本気モードになりました。激怒
 
 英語版の Windows Home Server コンテスト2回目と3回目のシナリオ
 としてまとめたのですが、ご存じの通り水槽管理システムの方が賞の対象
 となったので、HSフォーラムの許可の元で自分のBlogで情報を公開したの
 が去年の今頃です。林さんのBlogキラーアプリとして紹介されてWHS
 日本語版の出荷の後の週刊アスキーの記事として紹介されてから、少しは
 名前が知れ渡るようになったのではと印象があります。爆笑
 
 本Blogの掲載内容はコンテスト用に作成したものを再編集したものなので、
 WebGuide4をインストールするには初心者には分かりにくいかなという印象
 がぬぐえなくもなく、簡単な説明をしてほしいとのリクエストもあったので、
 自分の原点を見つめるという意味も込めて何回かに分けて掲載する予定です。
 ( すこし非定期提供になりますがご了解ください。。m(._.)m )
 
 今回のシリーズの目標についてはこのように設定します。
 ・音楽と写真をリモート環境から再生できるようにする。(初級)
 
 今回初心者向けとは記載していますが、少し難しい部分とかあると思います、
 なので、今回は前提条件を設定させていただきます。
 
   ・インターネットからWebを使用してリモートアクセスができること。
   ・普通のコンソールで管理者権限で操作できること。
    具体的にはリモートデスクトップを使用してログインできること。
   ・多少のカット&トライが必要なのでそれに凹まないこと。。(^_^;
   ・ルーターの操作が必要な場合はちゃんと設定できること。
 
 現在写真を仕込んで整理しているので、しばらくお待ちください。。orz
 
とりあえず。。
 
 

Posted in WebGuide4 | Leave a Comment »

WebGuide4を使いこなす⑨ DVDの再生やWMとの連携など。

Posted by Hatono-tani : 2008年4月12日


鳩の谷の街です。
 
 WebGuide4の解説の最後になります。
 WebGuide4の再生プロセスは基本的にWMPで再生できるものは
 可能のようです。なのでいろいろ試されるとおもしろいとおもいます。
 
 WebGuide4についてDVDの再生という項目があるのですが、
 説明ではDVDをリッピングしてからISOイメージを作成して、
 それをDaemon Toolsを使用して仮想ドライブとして再生するのですが、
 諸処の事情で説明ができません。ただし、DVDそのものを入れて再生することが
 可能です。共有するドライブを設定してやるとDVDドライブとして認識します。
 
 image13
 
 ただし再生についてはストリーム再生しかできません。またDVDドライブによっては
 できない可能性があることについては了解ください。
 
それと、先述のDVR-MS形式の再生だけは記述しておきながら、モバイル系のファイル形式
であるH.264形式やFLY形式について記載していません。それはWebGuide4WM5/WM6などで
ストリーミング再生が可能なのでしていません。
 
こんな感じです。WHS版の場合の画面

image24image25image26image28image30

 
VISTAーMCE版の画面はこんな感じです
image35image36image37image38image39
 
ちなみにEM・ONEでもEMONSTERでも再生できます。
参考までに映像の再生は256Kbpsくらい転送速度が必要となります。
 
これでとりあえずWebGuide4の説明を終わります。
 
 

Posted in WebGuide4 | Leave a Comment »

WebGuide4を使いこなす⑧ VISTA-MCE版と連携について(2)

Posted by Hatono-tani : 2008年4月12日


鳩の谷の街です。
 
今回はWHSとVista-MCEの連携について説明します。
WHSからしたいことはリンクと電源の制御をすること。
Vista-MCEからしたいことは録画したデータの転送です。
 
リンクについては、WhiistでWHSのHome画面からリンクをするといいでしょう。
電源のON/OFFについては  Auto Exit 2008 für Windows Home Server
使用すると制御ができます。WHSのコンソール画面からこんな感じで制御します。
 
 image19
 
次にVistaからWHSへの転送ですが、SyncToyを使用します。
(ただしPP1がリリースされるまではあまり推奨しません。)
こんな感じで設定します。
 
 image22
 


参考までになのですが。
 

WebGuide4には複数のマシンの情報を共有する仕掛けがあります。
Prismシステムといいますが、本機能利用すると他のPCで録画された
情報をWHSのWebGude4でマージされた画面として表示/再生されます。
イントラネット内の場合は同期することが可能ですが、インターネットを介してはまだ
無理なようです。(URLがローカルマシン名指定されるので対策が必要です)

 

 image23

 イントラ環境でのWebGuide Prismを適用したWHS画面。

 

  録画というタブが追加されて、他のPCの録画状況が分かるようになる。

 各種メディアも再生共有するためにリンクが張られる。

 (本当はこれを外からTV再生したかったけど。。。orz)


次回は最終回でその他のトピックスです。

Posted in WebGuide4 | Leave a Comment »

WebGuide4を使いこなす⑦ VISTA-MCE版と連携について(1)

Posted by Hatono-tani : 2008年4月12日


鳩の谷の街です。
 
前回の説明でWHS版のWebGuideでMCEファイルを再生する手順についてお話をしました。
今回は外からTV録画をしたいと思うのですが、標準のWHSではMCE機能がないので、
あえてクライアントであるVISTA-MCE機能を使用して録画を可能にします。
 
VISTA-MCEの日本語化の設定については
を参考にしてください。
 
で、早速本題に入ります。
 
WHSではxxxx.homeserver.comというDDNSサービスが使用できます。
実際にはルータのIPアドレスが特定できるので、あとは使用するポートを
別の番号にしてやることで、WHSにもVISTA-MCEにもアクセスすることができます。
 
手順としては以下の方法で実施します。
(1)ルータ側の設定をします。
 VistaーMCEの特定ポートのアクセスを解放します。
 インターネット <- 8081/8082 -> Vista-MCE
 
(2)WebGuide4の設定をします。
 WebGuide4の設定画面のNetworkを選択します。
 下記の赤丸ののようにWebPort:8081/VideoPort:8082と設定します。
 Vista-MCEno  
 
下記に設定したあとでVista-MCE版の画面を表示します。
 
 image20
 Vista-MCE版の画面
 大きな違いはガイド/検索/録画の項目が追加されること
 
 image21
 ガイドを選択した時のEPG画面
 この画面からTV録画の設定やライブ放送に対応する。
 
 次回はWHSとVista-MCEとの連携についてです。
 
 

Posted in WebGuide4 | Leave a Comment »

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。