鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

Archive for the ‘Windows Home Server 日本語版’ Category

WHS-V1のライフサポート終了の日(2013/01/08)に思うこと。

Posted by Hatono-tani : 2013年1月8日


鳩の谷の街です。

自分のBlogのサブタイトルにもあります通り、
2013/1/8にWindows Home Serverのサポートライフサイクル終了日になります。
つまり今月からの MS-UPDATE からセキュリティ情報が提供されなくなります。
 

この5年のサイクルは賛否両論ありますが、WHSがあるがゆえのコンシューマ製品のあつかいなため
ルール上は延長サポートがないための対応です。

MVPの間でも延長サポートの見当は特にされなかったと思ってます。
なぜなら2003R2のサポート期限がそれより先に訪れるためです。
(どちらかというとリソース的に厳しい感じですねぇ)
 

Windows Home Server は CES 2007 のビルゲイツによってアナウンスがされました。

 

私は正直初めに見たとき、これはとても感動した製品だったと思います。

HP の MediaSmart Server も結果的には三代目のEX490が日本でも販売されました。

昔から利用している人はきっとわかってくれるとおもいますが、
WHS は WHS2011 と比較してもマイクロソフト製品にしてはとても情熱があった製品だと思います。

日本的には、本当に誤訳が多かった製品でした。(;’∀’)

元々は次の版(WHS2011)から日本語版を出す計画だったらしいのですが、
英語版を日本でテスト販売した結果がとても大きくて慌ててローカライズに対応したという印象が強かったです。
(多分2-3年くらいは誤訳の訂正にフォーカスしていた気がします。)
日本語の誤訳の問題は結果的にはWSEまで引っ張る感じがありました。(;’∀’)

とても情熱的であったWHSも製品登録後5年を過ぎてしまったので
今日でサポートライフサイクルから除外されていまいます。

私はこの製品を通していろいろな出会いに巡り合えたことに本当に大変感謝していますが、
始まりがあれば終わりもありますので、致し方ないと思っています。

もしよろしければWHS2011やWSEに移行を検討していただけると幸いです。

PS1.
では厳密にWHSを利用することはできなくなるの?という点を少しだけ書いておきます。
OSの提供方法としてDSP版そしてアプライアンスサーバー製品があります。
アプライアンスサーバーについては Windows Embedded Server のライセンス提供になっています。
Windows Embedded Serverの運用は他のライフサイクルとは異なり最長15年間提供することになっています。
(最近10年に変わったみたいですがWHSは15年だったはずです)
したがってOEMメーカーの製品という前提であれば、WHSは入手することは可能であると思います。
ただし、あくまでも購入という話であって、サポートはやはり難しいと思います。

PS2.
今Blogにタグをつけようと思って気がついた
もう、WHSという単独のタグがつかえなくなることに、悲しくなってきました。( ;∀;)

 

Posted in Windows Home Server, Windows Home Server 日本語版 | 6 Comments »

WHS V1 Add-in AdminiMe 2012

Posted by Hatono-tani : 2011年11月24日


鳩の谷の街です。

以前、秋葉原のイベントで WHS PP3 の時の説明で紹介させていただいた、AdminiMeですが機能強化を実施して AdminiMe 2012 として提供することになりました。

こちらの方からダウンロードできます。imageimageimage

image

今回大きな変更があったのは

  • CPU温度のリアルタイム表示
  • メモリ/CPUの消費上位の5つのプログラムの表示
  • サーバー名やサーバーIPなどの情報の電子メール送信
  • 重大なエラーが発生したときのシャットダウンや再起動の設定
  • チャートのリアルタイム表示のON/OFFの設定
  • ログのエクスポート
  • 簡体字中国語のサポート

などがあります。

当然ではありますが日本語についてもチェックさせていただきました。

もしご関心のある方は使用してみてください。

取り急ぎではありますが。。

Posted in Windows Home Server, Windows Home Server Add-In, Windows Home Server 日本語版 | Leave a Comment »

WHS 2011 ラウンチ イベント ありがとうございました。<(_ _)>

Posted by Hatono-tani : 2011年5月22日


鳩の谷の街です。

各種メディアでもありますとおり、世界最速で Windows Home Server のラウンチイベントが開催されました。

Akiba PC Hotline!:Windows Home Server 2011の発売イベント実施、スマホとの親和性や「実力を発揮できるチューナー」を解説

ASCII.JP:「Windows Home Server 2011」発売記念イベントを開催

ラウンチの結果は別途アンケート結果という形で厳しい通信簿が来るのでそれはちょっと置いておいて、今回はかなりバタバタ感のあるラウンチイベントをしたかなーって思ってます。(とはいえ私も準備不足感がちょっと否めなかったです。)

今回のラウンチで驚いたのは Ustream を本格的に利用したこと。(ちなみにプロの方が担当してました。画質クオリティーは申し分ないと思います。)普段地方の方でラウンチイベントの雰囲気をつかめなかった人が多かったと思うので、やっていただいて大変ありがたかったです。

雰囲気はつかめたと思うのでだらだらといくつか書いておきます。

今回ラウンチイベントの途中で配置換えが発生したこと、通常はラウンチイベントの時に受付があって入口が1つだったのですが、途中で受付を横に移動してスペースを設置したこと。そしてそのスペースも埋まってしまって路上に人があふれる状況になってしまったこと。ちょうど Windows 7 の前夜祭の感じでした。(どうも聞いた感じだと1.5倍くらい人が来たって言ってたなぁー)

当然ラウンチがあるわけなので秋葉原の各店舗でも販売があったのですが、WHS2011の完売する店が多かったこと。ツイッターで店舗アナウンスをリナカフェで見ていたのですがとっても感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。(店舗の皆さん大変感謝したいです)

個人的なラウンチのことも。私とださっちさん(貞さん)が一緒におそろいのTシャツを着ていました。あのTシャツは2年前に開発チームからもらっていた”Vail”ロゴのものです。裏にはスローガンが書かれていたのですがお気づきの方はいらっしゃったでしょうか?(途中でスローガンの内容が変更になったのは内緒です。)

当日の購入者プレゼントでブラビアの抽選を引く大役をしたんですが、実は私も深夜販売で購入した口なんで抽選権利あったんですが自分から破棄しましたw(当選のかた、おめでとうございます。正直うらやましかったです。。orz )

セッションのなかで”MVPたちが苦労されていた”という話をしていたので、少しだけ書いておきます。

この製品は企画は3年前から、そして開発は2年かかりました。正直、OSのSP1付きで出るとは思ってませんでした。(^_^;)

日本語ローカライズについては調布の日本チームも担当していたのですが、途中で組織変更があって最後は自分たちが直接MS-CONNECT上でフィードバックを上げていました。深夜販売の前日にこれまでのフィードバック件数を数えたのですが、日本語のフィードバックだけで、3桁に手が届くくらいの件数。英語版も含めたフィードバック件数は3桁を超えていました。ちなみに途中までは日本語でフィードバックできたのですが、最後はすべて英語でフィードバックしてました。英語で日本語のフィードバックをするわけですから、わかるように書かないといけないわけで、それがとっても大変でした。。orz (とはいえ、フィードバックしたけど反映に間に合わなかったとかあります。たとえばネットワークドライブの誤訳の件とか、表示フォントが少し小さいとか。orz)

 

私が考えているWHS2011に求めている理想像は、Windows Home “Media Hub Center” Server だと思います。

クラウドだろうがオンプレミスだろうが、コネクトできてしまう Windows Server になってほしいと思ってます。

初心者にわかりやすく、スキルをステップアップできる Windows Server であってほしいと思います。

WHS製品は儲からないビジネスだと時々言われますが、”後のため”のビジネスだと思います。

私はWHS製品は大好きです。そしてそう思ってくれる人もいることをよく知ってます。

( 本音的には”地デジ行政め”とか言ってみたいですがやめときます。。(^_^;) )

何がともあれ、まずはラウンチイベントの参加ありがとうございました。

そしてWHS第二章の始まりです。どうぞよろしくお願いします。

書きたいこともいろいろとありますが。。。この辺で。。<(_ _)>

 

Posted in WHS 2011, Windows Home Server V2, Windows Home Server 日本語版 | 2 Comments »

Club Microsoft に WHS製品を登録してみた。

Posted by Hatono-tani : 2011年1月24日


鳩の谷の街です。

右のところにバナーがあるのですが

というキャンペーンをやっています。

せっかくTS Mini を買ったので応募してみた。(^_^;)

手順は下記の通りでした。参考までに

 

 

バナー等から応募サイトに行きます。

募集サイトから、募集を選択してLive ID情報を入力してログインします。

 

まず製品の登録になります。カテゴリーから

Windows –> Windows Home Server と選択

右側にボックスが出るのでプロダクトIDを入れます。

01-oubo1

WHSのプロダクトIDはWHSコンソールから

設定のリソースに掲載されてあります。

product-code

前の画面でEnterキーを入力すると、下記の画面になるので”次へ”

02-oubo2

確認をしますので”はい、登録します”を選びます。

03-oubo3

登録が完了しましたら、キー新規入力を入力します。

04-oubo4

キー新規登録のキーはプロダクトキーになります。

下記の製品ラベルを参考に入れます。

product-id

最後に製品の申し込みボタンを選ぶと、下記の画面が表示されるので必要事項を入力して完了になります。

05-oubo5

当選した場合は、購入した証明が必要なのでレシートを保管しておいてください。

06-oubo6

なお、申請は1/31購入分までで2/7日いっぱいまでです。

是非チャレンジしてみてください。m(__)m

 

 

 

Posted in Aspire easyStore H340, ASUS TS mini, HP WHS製品シリーズ, Windows Home Server, Windows Home Server Power Pack 3, Windows Home Server 日本語版 | Leave a Comment »

ASUS TS Mini の工場出荷設定の方法について

Posted by Hatono-tani : 2011年1月23日


鳩の谷の街です。

最近WHSのアプライアンス製品の値下げが進んでいて、3-4万円くらいの値段で購入できるようになったという認識を持っています。アプライアンスサーバーは Acer さんと HP さんの製品を所有しているのですが、せっかくなので ASUS TS Mini を購入してみました。

_IGP0095

筐体は良くできていて玄人好みでとにかく小さいくずっしりとしています。見た目はプラスチックなのですが、ちゃんと中はスチールで覆われていて、結構重たいというのが第一印象です。ちなみに上下に通気口があるのでデスクサイドにおいても気にならないのではと思ってます。

通常であればインプレッションを書くのが妥当なのですが、WHS-MVPの清水さんの記事が詳細にあるので、私はもう少し実用的なテーマで工場出荷設定をどのようにするのかという点について書きたいと思います。

おそらくこの機種の場合は初めからHDDを交換したいというニーズを想定しています。このための記述になります。

初めに TS Mini を電源とLANを接続した状態で電源OFFにしておきます。あらかじめルータ等によってDHCPクライアントとしてIPの割り当てをできるようにします。

出荷媒体の3本のDVDからサーバーリカバリ用DVDをセットして、本体にあるInstall.exeを実行します。

_IGP0105

インストールのプロセスは下記の画面の通りになります。

01-recaver01

02-recaver02

この画面から注意が必要になります。”システムライト”がどのようになっているかを聞かれます。”システムライト”とは本体の一番左の○に i のマークがついています。

03-recav-select-led

システムライトがオレンジで点滅する状態というのは、内部的にはシステムリカバリモードの状態のように思われます。(HDDがブランク状態のケースが該当)

ちなみに”オレンジ色に点滅している”方を選ぶとこの画面です。

05-led-orengok

今回はあえてもともと入っているHDDを初期化することを想定していて”オレンジ色が点滅してないを選択します。

04-led-non-orenji

この設定ではサーバーリカバリーモードの設定をする必要があります。手順としては、Acer/HPもそうなのですが電源投入直後にリカバリーモードのスイッチをピンで押してあげる必要があります。

TS Mini の場合は、本体の裏側にあります。これをクリップのピンとかを使用して電源投入後に何回か押してあげる必要があります。

_IGP0108

以前、DataVaultの工場出荷設定の時の解説でタイミングがわかりにくいとう方を見かけたのですが、今回のケースの場合は割とインフォメーションがわかりやすいという感じがしています。

ちなみにこれが動画

リカバリーモードの設定をしてから、数分間(5-6分くらい)してから次へと押していくと下記の画面になります。(少し長めに待つことがポイントです)

06-find-setpc

この後はリカバリーモードの指定で3択になります。今回は工場出荷設定なので一番下を選択します。

07-server-newmode

これを選択するとリカバリーが開始されます。(^_^;)

08-check-fact-mode

リカバリーはおよそ30分ぐらいかかります。(有線LANの速度に依存します。

09-fact-recav-now

最後は本体の再起動が実施されます。

10-reset-server

リカバリーが完了しましたと通知されます。

11-server-recfin

ココからは通常のクライアントのインストールと同じです。

CD-ROMを入れ替えます。

IMGP0112

あとは通常のインストールと同じになります。

20-setup01

21-setup2

22-setup3

ココからは通常と一緒になりますね。

25-setup-connect1

26-setup-connect2

27-setup-connect3

28-setup-connect4

29-setup-connect5

ここからはOEM独自の画面になり、実際にはメーカー独自の実装ということになります。

30-setup-connect6

大体、さらに30分くらいですね。

インストールが終了したら、必要なアップデートはしておいてください。

使用印象についてはまた後日ということで。

 

 

Posted in ASUS TS mini, Windows Home Server, Windows Home Server 日本語版 | Leave a Comment »

WHSで使用しているDDNSサービスがメンテで停止します。(1/11多分夜中から)

Posted by Hatono-tani : 2011年1月11日


鳩の谷の街です。

現在WHSでは XXXX.homeserver.com を使用するためにDDNSサービスが提供されていますが、このDDNSサービスのサーバー増強しクラウド化するために、現地時間の1/11に24時間ほど停止する予定です。

WHSblogに記載があります。

Windows Live Custom Domains (.homeserver.com)/ Windows Server Solutions Dynamic DNS Temporary Outage Notification

おそらくこの期間は、ドメインの登録に関連したサービスができない可能性があります。ご了解ください。

Posted in Aspire easyStore H340, HP WHS製品シリーズ, SBS Aurora & V7, WHS V2, Windows Home Server, Windows Home Server V2, Windows Home Server 日本語版 | Leave a Comment »

週アスLIVE! GOLD で紹介したかったこと。

Posted by Hatono-tani : 2010年11月27日


鳩の谷の街です。

今日は週アスLIVE! GOLD でマイクロソフトさんのブースをお借りして、ミニセッションを2回させていただきました。いろいろ事情がありまして正直なところ満足いくデモをできなかったと反省しております。

今回紹介するべき内容をBlogにPPTを転記しましたので参考にしていただければと思います。

なお元ネタのPPTは後日WHS各グループに登録させていただきますのでよろしくお願いします。

スライド1スライド2

スライド3スライド4

スライド5スライド6

スライド7スライド8

スライド9

スライド11スライド12

スライド13スライド14

スライド15スライド16

スライド17スライド18

スライド19スライド20

スライド21スライド22

スライド23スライド24

スライド25スライド26

スライド27

Posted in Aspire easyStore H340, HP WHS製品シリーズ, Windows Home Server, Windows Home Server Power Pack 3, Windows Home Server 日本語版 | 1 Comment »

11/27 週アスLiveに参戦します。m(__)m

Posted by Hatono-tani : 2010年11月26日


鳩の谷の街です。

大人の事情系のお話はまだ続いていますが、明日の週アスLiveについて簡単に事前に解説しておきます。

明日の週アスLIVEではメインセッションのなかで”ドキュメントスキャナ”と”スマートフォン”というテーマがありますが、WHSのミニセッションではそれをうまく取り込めたらいいなと思ってます。

関係メンバーで話をしたときにWebDavの機能を使ってスマートフォンにデータを取り込むのが面白いのではという話になりまして1日でネタを仕込みました。(ごもっともこのお話があったのが先週の後半だったし。)

というわけで、明日の週刊アスキー主催の

”週アスLIVE! GOLD WITH 電撃ゲームズ”

のマイクロソフトブースの方でミニセッションをさせていただきます。

”タイトル:WHS & スマホ で仲良くなりたい” (ベタなタイトルw)

というテーマで10分ちょっとお話をさせていただきます。

今回のデモする環境は前半は会場にあるWHSのアプライアンスサーバーの DataVault X510 を使用して、後半はスマートフォンを実際に使用して、私の自宅からデータを利用するという流れで解説していきます。

私の方からお願いしているタイムテーブルは

① 15:30 or 14:30 から (多分15:30から)

② 12:00 or 12:30 から (多分12:30から)

を予定(確定は当日の朝になりますです。)しております。

私以外にも、セッション形式ではありませんが、WHSについての魅力を存分に楽しんでいただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

その他については後程アナウンスさせていただきますが、とりあえず今日からWHS年末キャンペーンがありますのでよろしくお願いします。

京浜東北線もちょびっとジャックさせていただきますよ。(^_^;)

 

 

Posted in Aspire easyStore H340, コンピュータとインターネット, HP WHS製品シリーズ, Windows Home Server, Windows Home Server Add-In, Windows Home Server Power Pack 3, Windows Home Server 日本語版 | Leave a Comment »

ちょっとしたメモ書き、保守マニュアルとか。V1のadd-inとか

Posted by Hatono-tani : 2010年11月12日


鳩の谷の街です。

下記は自分のためのメモ書き。

まずはAcerさんのeasyStoreシリーズから(英語です)

Acer Aspire easyStore H341/H342 サービスガイド

(海外のFAQで検索をかけたら、なぜか見つけてしまった。)

参考までに

Acer Aspire easyStore H340 サービスガイド

 

つぎは、HPさんのData VaultやMSSなんぞ

HP StorageWorks X500 Data Vault の問い合わせの多いドキュメント

最近はEX490もブロガーさんが頑張ってます

「ホームサーバーで快適ライフ」HP MediaSmart Serverブロガーイベント レポート

 

VailもありますがWHS-V1のAdd-inもね。

Add-In Family Diary

家庭向けの日記を書きとめるためのソリューションみたいです。

WHS Phone 7

Windows Phone 7向けの WHS接続用アプリケーション(開発中)

 

ざっくばらんなネタですみません。orz

Posted in Aspire easyStore H340, HP WHS製品シリーズ, Windows Home Server, Windows Home Server Add-In, Windows Home Server 日本語版 | Leave a Comment »

いまさらながらExpress5800/GT110bにWHSを乗せてみた(^_^;)

Posted by Hatono-tani : 2010年10月3日


鳩の谷の街です。

今更ながらなのですが、NECさんのExpress5800/GT110bを購入しました。購入先はNTT-Xさんです。本来はちょっと別な用途で使おうと思っているのですが、お約束でWHSをインストールしてみました。

こんな感じになります。

06-uinfo-ok

とりあえず注意事項だけ書いておきます。

インストールそのものは通常に完了しますが、インストール直後にLANドライバをインストールする必要性があります。てっとり早く実施したい場合は本体に添付されているDVD(NEC EXPRESS BUILDER)を用意してインストールします。

デバイスマネージャーを起動します。

イーサーネットコントローラを”右クリック”して”ドライバの更新”を選択します。

01-network-ng

ハードウェアの更新ウィザードが開始されますからDVD(NEC EXPRESS BUILDER)を入れた状態にして、そのままの設定で”次へ”を選択します。

02-info-driver

ドライバの一覧が出ますので選択します(2008用で大丈夫です)

03-Select-Driver

ウィザードが終了します。

04-setup-end-driver

[10/3:追記]

SMバスコントローラについてはDVDでは添付されていなくて、インテルさんからドライバをダウンロードする必要性があります。

INF アップデート・ユーティリティー – 主としてインテル® 5, 4, 3, 900 シリーズ・チップセット用

ダウンロードした実行ファイルを実行することによってコントローラーの問題が解決できます。基本表示される通りに入力します。

 

再起動を実施してからデバイスマネージャーを表示させると下記の通りになります。

ちなみにGT110bの印象を言わせてもらうと、結構イイってのが正直なところ。現在所有してる110GdとかS70とかと比較しても、コンパクトで置き場所に困らないし、横に並べてもいい感じがします。某wikiを見た印象でもPCとしても使えそうなので結構いいかもしれないです。何気に3年保障というのがインパクト大きいです。

今日はこんなところで。

Posted in Windows Home Server, Windows Home Server 日本語版 | 5 Comments »

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。