鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

Archive for the ‘Windows Home Server V2’ Category

F-07C に Windows 8 をのせてみた(^^)/

Posted by Hatono-tani : 2012年8月19日


鳩の谷の街です。

※検索で Windows 8.1 と F-07C でこられた方はここを参考にしつつ、
こちらのエントリを参考にしてください。よろしくお願いします。m(__)m
F-07C に Windows 8.1 をのせてみた。

IMGP0757

ツイッターのTLをみてやはり我慢できませんでした。(^_^;)

とりあえずメモ書き程度に書いておきます。当然ですが自己責任でお願いします。
(リンク等ありますのでマズかったらご一報のほど)

必要なもの

・クレードル(F-07C用)
・USBメモリ(Windows 8 のインストール用)
・バックアップできるメディア(USB接続HDDとか大容量のUSBメモリ(32GB))
・USBのキーボードとあればマウス

1.まずはともかくバックアップを。

F-07Cはリカバリメディアがないので、何がともあれイメージを吸い上げます。
個人的にはWHS2011のクライアントバックアップ + リカバリー領域の吸上げ +
内臓SSDのドライバーの抽出です。(これがポイント)

参考にしたのはこちら。

More ideally. – cyberbird tec.- さんの ○F-07CにWindows 7をクリーンインストール

上記のサイトのリカバリーフォルダーを抽出して後で復旧できるようにすることと、
F-07CのSSD(eMMC)のドライバー を 抽出することがポイントになります
(とくに後者はリカバリしたり Windows 8 をインストールするときに必要になります)

2. Windows 8 をインストールする。

参考にしたのはこちらのサイト

nitel’s diary にてるの徒然日記 さんの  Windows8インストール編

RC版解説なのですが、大まかな流れはわかると思いますのでざっくりと書いておきます、

Windows 8 のイメージをUSBメモリーに格納したうえで、F-07CのSSD(eMMC)のドライバー
を一緒に入れておきます。
(C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\fj7cemmc.inf_x86_neutral_58f8d0b5000170cc)

Windows 7 USB DVD ダウンロード ツール を使って USBメモリを作成しましょう。

キーボードとUSBメモリーをクレードルの横に差し込んで、F-07CのWindows モードを選択し、
BootのシーケンスでF12を押してUSBメモリを選択して起動します。

起動していく途中でドライブが見えないので、F-07CのeMMCドライバをインストールして
パーティションをクリアにしてからインストールします(容量が足りないので(>_<) )

こんな感じのインストールになるのでめんどいです(>_<)

IMG_0512

大体一時間強かけてインストールしていきます。

インストール直後では、無線LANカードも使用できない状態なのでドライバを入れていきます。
ドライバは前述のリンク先のリカバリ空間のなかにあります。

リカバリ空間の”\MyRecovery\APLDISC\APLCD1\APL”配下の下記のところから
インストールしてきます。(最新物はありますけどとりあえず入れます)
image

Drivers配下のドライバをインストールすると、最低限の運用は可能になります。
チップセットとグラボのドライバをいれたら、画面を270度回転させることを勧めます。

Software は ? な部分があるので入れていません。(3G通信は検証してないです。)

IMGP0759

かなり手抜きに書いてはいますが。。

体感的な話をすると Windows 7 よりは 気持ち軽いかなと印象がありますね。
ただしこのような問題があります。

新しいスタイルの画面が起動できないのです。(ただしクレードルから出力は別)
画面サイズが小さいので当然といえば当然なのですが。。

IMGP0760

この辺をどう判断するかがポイントかなーっと思ってます。

ざっくりとですがこんな感じです。

PS. WHS2011のリカバリ用起動メディアを使用するときはUSB用に作成して

F-07CのSSD(eMMC)のドライバー を入れてから実行してドライブのドライバの読み込み
のところでMMCドライバを認識せるとちゃんとドライブを認識できます。
実際の運用ではリストアのフェースでは有線LANとF-07CのSSD(eMMC)のドライバー
が必要なので面倒とは思います。(^_^;)

 

 

Posted in モバイル・ガシェット, WHS 2011, Windows 8, Windows Home Server V2 | 1 Comment »

WHS 2011 ラウンチ イベント ありがとうございました。<(_ _)>

Posted by Hatono-tani : 2011年5月22日


鳩の谷の街です。

各種メディアでもありますとおり、世界最速で Windows Home Server のラウンチイベントが開催されました。

Akiba PC Hotline!:Windows Home Server 2011の発売イベント実施、スマホとの親和性や「実力を発揮できるチューナー」を解説

ASCII.JP:「Windows Home Server 2011」発売記念イベントを開催

ラウンチの結果は別途アンケート結果という形で厳しい通信簿が来るのでそれはちょっと置いておいて、今回はかなりバタバタ感のあるラウンチイベントをしたかなーって思ってます。(とはいえ私も準備不足感がちょっと否めなかったです。)

今回のラウンチで驚いたのは Ustream を本格的に利用したこと。(ちなみにプロの方が担当してました。画質クオリティーは申し分ないと思います。)普段地方の方でラウンチイベントの雰囲気をつかめなかった人が多かったと思うので、やっていただいて大変ありがたかったです。

雰囲気はつかめたと思うのでだらだらといくつか書いておきます。

今回ラウンチイベントの途中で配置換えが発生したこと、通常はラウンチイベントの時に受付があって入口が1つだったのですが、途中で受付を横に移動してスペースを設置したこと。そしてそのスペースも埋まってしまって路上に人があふれる状況になってしまったこと。ちょうど Windows 7 の前夜祭の感じでした。(どうも聞いた感じだと1.5倍くらい人が来たって言ってたなぁー)

当然ラウンチがあるわけなので秋葉原の各店舗でも販売があったのですが、WHS2011の完売する店が多かったこと。ツイッターで店舗アナウンスをリナカフェで見ていたのですがとっても感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。(店舗の皆さん大変感謝したいです)

個人的なラウンチのことも。私とださっちさん(貞さん)が一緒におそろいのTシャツを着ていました。あのTシャツは2年前に開発チームからもらっていた”Vail”ロゴのものです。裏にはスローガンが書かれていたのですがお気づきの方はいらっしゃったでしょうか?(途中でスローガンの内容が変更になったのは内緒です。)

当日の購入者プレゼントでブラビアの抽選を引く大役をしたんですが、実は私も深夜販売で購入した口なんで抽選権利あったんですが自分から破棄しましたw(当選のかた、おめでとうございます。正直うらやましかったです。。orz )

セッションのなかで”MVPたちが苦労されていた”という話をしていたので、少しだけ書いておきます。

この製品は企画は3年前から、そして開発は2年かかりました。正直、OSのSP1付きで出るとは思ってませんでした。(^_^;)

日本語ローカライズについては調布の日本チームも担当していたのですが、途中で組織変更があって最後は自分たちが直接MS-CONNECT上でフィードバックを上げていました。深夜販売の前日にこれまでのフィードバック件数を数えたのですが、日本語のフィードバックだけで、3桁に手が届くくらいの件数。英語版も含めたフィードバック件数は3桁を超えていました。ちなみに途中までは日本語でフィードバックできたのですが、最後はすべて英語でフィードバックしてました。英語で日本語のフィードバックをするわけですから、わかるように書かないといけないわけで、それがとっても大変でした。。orz (とはいえ、フィードバックしたけど反映に間に合わなかったとかあります。たとえばネットワークドライブの誤訳の件とか、表示フォントが少し小さいとか。orz)

 

私が考えているWHS2011に求めている理想像は、Windows Home “Media Hub Center” Server だと思います。

クラウドだろうがオンプレミスだろうが、コネクトできてしまう Windows Server になってほしいと思ってます。

初心者にわかりやすく、スキルをステップアップできる Windows Server であってほしいと思います。

WHS製品は儲からないビジネスだと時々言われますが、”後のため”のビジネスだと思います。

私はWHS製品は大好きです。そしてそう思ってくれる人もいることをよく知ってます。

( 本音的には”地デジ行政め”とか言ってみたいですがやめときます。。(^_^;) )

何がともあれ、まずはラウンチイベントの参加ありがとうございました。

そしてWHS第二章の始まりです。どうぞよろしくお願いします。

書きたいこともいろいろとありますが。。。この辺で。。<(_ _)>

 

Posted in WHS 2011, Windows Home Server V2, Windows Home Server 日本語版 | 2 Comments »

WHS2011 たちが TechNet/MSDN に提供されます。

Posted by Hatono-tani : 2011年4月5日


鳩の谷の街です。

 

ディベロッパーの皆様、IT-Proの皆様、大変お待たせしました。m(__)m

今日からTechNetサブスクリプションMSDNサブスクリプションから公開されます。

MSDNからは WHS2011 SBS2011e WSS2008R2e が

TechNetからは WHS2011 SBS2011e が

提供されます。

それぞれ日本語を含む下記の19言語が一括して提供されます。

image

参考までに最大のシステム要件はこんな感じです。

  Windows Home Server 2011 Windows Small Business Server 2011 Essentials Windows Storage Server 2008 R2 Essentials
最大ユーザー数 10ユーザー 25ユーザー 25ユーザー
最大接続PC数 10台まで 25台まで 25台まで
最大CPUソケット数
(コア数は規定なし)
1ソケット 2ソケット 1ソケット
最大メモリ容量 8GB 32GB 8GB
ドメイン接続 × ドメインコントローラー
データシート (英語) (英語) (英語)

 

SBS2011eのトレーニングコースも品川であります。

4月11日
Windows Small Business Server 2011 Essentials エンジニア向けトレーニング

4月27日
Windows Small Business Server 2011 Essentials エンジニア向けトレーニング 第二回

 

私からお願いしたいこと。(希望的にという意味で。。)

Beta版が提供される以前から関係のMVPのメンバと日本の開発拠点とで日本語の翻訳の確認はかなり実施してフィードバックしてきましたが、テストできなかったケースも多少ありまして、まだ誤訳があると思ってます。もし誤訳があるようでしたら、遠慮なくMS-CONNECTにフィードバックを上げてください。(期待されてるみたいです。日本の方の要望は特に。。。)

ちなみにタイトルだけは英文で書いていただいて、内容については日本語で書いていただければ、がんばって機械翻訳して作業するとは聞いていますので。。。(-_-;)

 

それと、開発の皆さんには是非、

Windows Server Solutions SDK を利用していただきたいと思います。

私のBlogにも少しだけ書かせていただきました。

評価版についても、近日公開予定です。

WHS2011の日本語版販売についても関係者と一緒になって色々とお話をさせていただいています。これについては別途マイクロソフトさんの方で正式なアナウンスがありますので、暫くお待ちいただければと思います。(メディアがプレスできないと販売もできないのでもうちょっと待って頂くみたいです。)

ぜひぜひお試しください。

PS.本当にここまで来るのに長かったな。。(白目)

 

Posted in SBS 2011 Essentials, SBS Aurora & V7, WHS 2011, WHS V2, Windows Home Server V2, WINDOWS SERVER SOLUTIONS SDK | 3 Comments »

Add-IN Advanced Admin Console 2011 がベータ公開されました。

Posted by Hatono-tani : 2011年2月26日


鳩の谷の街です。

日本でもおそらく有名な Add-In の1つだと思うのですが、Advanced Admin Console が WHS2011とSBS2011Essentials に対応したものがベータ版として公開されました。

Advanced Admin Console 2011 です。

ココのサイトにダウンロードリンクがあります。

ちなみに英語版のWHS2011では下記のような画面になります。01-adiin-AAC

このAdd-Inは今までの機能をちゃんと継承しているので、期待がとてもできます。後は日本語版で動作できるか?という点ですが、期待できると思っています。もし気になる方はダウンロードしてみてください。

どうぞよろしくお願いします。

PS.現在のところWHS2011に対応する/しているAdd-Inは下記の通りです。参考にしてみてください。

AutoExit 2010 For WHS Vail (Beta)

Lights-Out V2 (Beta)

AWIECO WakeOnLAN

AWIECO RemoteLauncher

TV4Home (多分日本では無理かも。。orz)

Cloudberry Backup

 

 

Posted in SBS Aurora & V7, WHS 2011, WHS V2, Windows Home Server, Windows Home Server Add-In, Windows Home Server V2 | Leave a Comment »

WHS2011の追加機能の要望はありませんか?(ただしDEを除く)

Posted by Hatono-tani : 2011年2月25日


鳩の谷の街です。

現在、Cororado3兄弟( WHS 2011 / SBS2011 Essentials / WSS2008 R2 Essentials ) は製品リリースに向けてRC版にパブリックベータのフィードバックを受け付けていますが、私たちはその次の版についての話を始めようとしています。

皆さんもご承知の通り、WHSの時は大体毎年に1回づつ PowerPack を提供していますし、これからもこの流れは変わらないと思ってます。

私事で大変恐縮なのですが来週に MVP Global Summit に参加することにしています。一年ぶりにHSBS開発チームと会うわけですから、是非色々なことを話したいと思ってます。もちろん日本からのフィードバックをしたいと思ってます。なので、みなさんのご意見をまた賜りたいと思ってます。

もし、ご意見がある方はこのBlogのコメントに記載していただくか、ツイッターをご利用されている方は @yoshihirookabe あてに #WHSONEGAI とつけていただいて書いていただければと思います。

実際のところ、どこまでお願いが通るのかは未知数なんですが、開発の皆さんは良く話を気さくに聞いてくださいますので是非期待したいところです。

どうぞよろしくお願いします。m(__)m

 

Posted in SBS Aurora & V7, WHS 2011, WHS V2, Windows Home Server V2 | 1 Comment »

WHS 2011 RC 版を無理に小容量のHDDに入れてみると。。

Posted by Hatono-tani : 2011年2月5日


鳩の谷の街です。

おそらく最近のSSDとか、サーバー向けHDDなどを使って小容量のHDDで稼働したいと思われる方もいらっしゃるので、そのための情報を書いておきます。

初めに申し上げるとインストール要件を満たさないので自己責任で。。。

 

概要を説明すると、cfg.ini を作成してBootディスクに設定します。

こんな風に定義を書きます。


[WinPE]
ConfigDisk=1
CheckReqs=0
SystemPartitionSize=(C:DriveSize(MBGB))

[InitialConfiguration]
Locale=Ja-JP
Keyboard=00000411
AcceptEula=true
AcceptOEMEula=true
ServerName=(Server-name)
PlainTextPassword=(PassWord)
PasswordHint=(Password-Hint)
Settings=All


(テストでは80GBのHDDを使用したのでSystemPartitionSizeは61440(設定ミスですが無視されます)とアバウトに設定)

このファイルをあらかじめ作成したUSB用Bootイメージにコピーします。

(USBのブートイメージは Windows 7 USB/DVD Download を使用するとダウンロードイメージ(ISO)から作成します。インストールも早くできるのでおすすめです。)

 

このUSBを使用してインストールをしてみます。

もしインストールの途中で定義ファイルのミスなどでエラーが発生したら、ファイルをオープンして修正します。

 

で、こんな感じでインストールは完了するのですが。

01-SmallSizeInstall

各ドライブの共有フォルダーを見てみると。。。

Cドライブ側に共有フォルダーが作成されてしまうみたいです。

02-ServerFolder

Dドライブ側は何もない状態になります。

03-ServerFolder

どうも、インストーラー側で空き容量の大きい方に共有フォルダーを割り当てるのではないのではと思っています。

(結果的には共有フォルダーの移動ができるので、多分大丈夫かなと思ってます。)

もし自作の方で気になる方は参考にしてみてください。

 

 

 

Posted in WHS 2011, WHS V2, Windows Home Server V2 | 14 Comments »

CodeName:VailはWindows Home Server 2011 になります。

Posted by Hatono-tani : 2011年2月4日


鳩の谷の街です。

巷では Windows 7 Home Server とか Xbox 360 Server とか言われたみたいですが。。

今日、WHS 公式Blogが更新されました。

 次期WHSはずっと CodeName ”Vail”と呼ばれていましたが、

” Windows Home Server 2011 ” となります。

そしてRC版の提供が開始されます。

01-WHS2011Logo

従来”Vail”であったダッシュボードも名前が変わっています。

02-WHS2011-dashbord

Windows Server 2008 R2 SP1 近日中に出るので

WHS 2011 は初めからSP1で提供されます。

なのでパッチの面でも効果てきめんです。(MS-UPDATEが少ないのは便利です。)

03-Vail-As-Sp1 base

以前からのむしかえしになりますが、残念なお話も少しだけ。。

DE-V2については以前アナウンスしましたが公式にサポートしなくなりました。

このため WHS 2011 ではドライブレター(D: E: ….. ) が見えることになります。

05-After-Non-DE

08-hard-drive

フォルダーの中身が増えた場合は別ドライブへの移動が必要になりますが、その移動コマンドが追加されました。

” Move Folder Wizard ” が新規提供されます。 

06-After-NonDE

当然ウィザード形式になります。

07-move-forder

今後のトレンドになると思われる2TB超のドライブについてですが追加は可能です。

ただし、Windows のバックアップ機能の関係があり、通常の使用では2TB+αというドライブレターの割り当てになりますが、自分でパーティションを再設定を使用とすれば3TBとかの割り当ては可能だそうです。(現物をもってなくて、これは確認できていません。。。orz)

いよいよ、Vail 改め WHS 2011 も製品版にむけてのカウントダウンが始まりました。

今後は機能追加は実施される予定は無くこのRC版をブラッシュアップし製品版に移行する予定です。

是非、WHS 2011 RC版を MS-CONNECT からダウンロードしてお試しいただければと思います。m(__)m

※注意事項:今回のインストールイメージは2層イメージになります。なので、必ず DVD”±” DL メディアを使用してください。

ご指摘があり、試してみました。DLでなくても大丈夫でした。。申し訳ありません。(説明文書の誤植みたいです。すみません)

USBを使用してインストールするほうが簡単かもしれません。

PS. ローカライズ向けのRC版の提供ができるようにお願いしたいのですが、残念ながら今回は英語版の提供のみになります。力不足で申し訳ありません。m(._.)m

 

Posted in WHS 2011, WHS V2, Windows Home Server V2 | 11 Comments »

DataVault(EX490)でVailを乗せるには。。

Posted by Hatono-tani : 2011年1月16日


鳩の谷の街です。

今日は参考情報として書いておきます。

一般的にOSをインストールする場合は VGA/KB/Mouse を接続しますが、DataVault/EX490 の場合はちょっとややこしい事情があります。VGAケーブルを自作して接続して、KBを接続してもBIOSを選択できないという事象になります。

では、どのようにしてOSを乗せたらいいのかと考えていろいろやってみたのでこれについてメモとして書いておきます。

今回はVGAを接続できる前提で書きます。

  • 本体の後ろのUSBに外付けのDVD-ROMもしくはUSBメモリで作成したBootイメージを用意しておきます。(フロントにUSBを挿入しても認識しません。)理想的には背面の一番下のUSBが良いみたいです。
  • インストールするときに使用するHDDがブランク(つまり、新規で購入した場合)もしくは未使用状態の場合はそのままインストールできます。
  • 使用済みHDDを使用したい場合は、電源を投入した直後にフロントのUSBの隣の穴を押してリカバリーモードにします。リカバリーモードにするとHDDによるブートシーケンスをスキップしてくれるのでUSBの情報を読みに行きます。
  • もし、リカバリーモードにしてもHDDをフォーマットシーケンスが正常に実施できない場合は他のPCでHDDをブランクにする必要があります。

自分がテストした感覚では順番でブートシーケンスが動作するみたいです

・HDD –> 外部のUSB –> ネットブート

そしてリカバリーモードにした場合はこのようになります

・外部のUSB –> ネットブート –> 内臓のBoot用USB

参考までにVailを実装した場合はデバイスリストに1つだけ?がつきます。

Vail-Hard-Info

リカバリ用の内臓USBになりますので事実上問題はないと思っています。

ここまで書くと鋭い人は気がつくと思うのですが、VGA出力できない場合は無人インストールの定義を書いて”cfg.ini”として保存します。

cfg.iniの書き方については薩摩藩中仙道蕨宿別邸さんのところで解説がありますので参考にしてみてください。USBブートで実施した場合は30分強くらい放置してからクライアントPCからネットワーク接続してもらえれば見えるようになると思います。

ちなみにVailをインストールすると本体のLED制御ができなくなるので、そのあたりは注意が必要です。^^;

あくまでもメモ程度なので、この辺で。^^;

 

Posted in HP WHS製品シリーズ, SBS Aurora & V7, Windows Home Server V2 | 7 Comments »

Vailベータ版が切れちゃった人の暫定措置について(^^ゞ

Posted by Hatono-tani : 2011年1月12日


鳩の谷の街です。

海外のサイトでいくつかの事例があったので試してみました。

元ネタ:How to Extend the Vail Expiry Date

手順は下記の通りです。

(1)RC版の2008R2 SP1をダウンロードしてインストールします。

使用するのは言語版にあったx64版のファイルを使用します。

(2)インストールが完了したらMS-CONNECTのサイトにいって

新しくBeta版のキーを入手します。

(3)(1)でインストールを完了したサーバーにログインして

コマンドプロンプトを起動します。

(4)コマンドプロンプトで以下の通りに入力します。

> slmgr.vbs –ipk  XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX (入手したキー)

> slmgr.vbs –ato

とりあえずこの方法で3/15日まで利用できるみたいです。

保障の対象ではありませんが参考までに。。<(_ _)>

 

Posted in WHS V2, Windows Home Server V2 | 2 Comments »

WHSで使用しているDDNSサービスがメンテで停止します。(1/11多分夜中から)

Posted by Hatono-tani : 2011年1月11日


鳩の谷の街です。

現在WHSでは XXXX.homeserver.com を使用するためにDDNSサービスが提供されていますが、このDDNSサービスのサーバー増強しクラウド化するために、現地時間の1/11に24時間ほど停止する予定です。

WHSblogに記載があります。

Windows Live Custom Domains (.homeserver.com)/ Windows Server Solutions Dynamic DNS Temporary Outage Notification

おそらくこの期間は、ドメインの登録に関連したサービスができない可能性があります。ご了解ください。

Posted in Aspire easyStore H340, HP WHS製品シリーズ, SBS Aurora & V7, WHS V2, Windows Home Server, Windows Home Server V2, Windows Home Server 日本語版 | Leave a Comment »

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。