鳩の谷の街へ ようこそ

いろいろと気になったことをゆるく書きます。

Archive for the ‘Windows Home Server’ Category

TEST UPDATE

Posted by Hatono-tani : 2016年7月3日


鳩の谷の街です。
これは完全のテストファイルです。
自分のPCのファイルが飛んでしまったので
Open Live Writer から送信しているもの。
英語なんだけど困らないのでそのまま使ってみるテスト。

Posted in Windows Home Server | Leave a Comment »

TechNet Subscription 終了後の MSDN Subscription は何がいい?

Posted by Hatono-tani : 2014年4月12日


鳩の谷の街です。

今回は自分のためのメモ。

ご存知の方もかなり多いと思うのですが、TechNet Subscription が昨年8月に新規購入が終了しました。
90日延長のサプライズがありましたが、基本的には今年いっぱいで TechNet Subscription が利用できないと思ってます。(更新があるからちょっと怪しいが。orz)

で、本題。タイトルの通りなのですが、TechNet Subscription の代わりって何があるのかなと調べてみました。

背景としては Microsoft MVP を受賞する以前は MSDN Subscription をボリュームライセンスで2年更新をしていて、そろそろ調べておいた方が良いかなと思ったので。

※Microsoft MVP になると特典のごく一部として活動カテゴリに似合った MSDN Subscription が提供されます。

自分の場合は元々開発をしていて10年くらいは個人でMSDNを購入していて、VS Pro. with MSDN  –> VS Prem. with MSDN という段階で契約してましたが、最近は開発そのものを積極的にしてないので、TechNet の方が使い勝手がいいかなと思ってました。
(会社では開発してますので
、社内の MSDN Subscription の契約をしています。一応)

TechNet の現状では評価版については存在して、実際使用することが多いのですが、さすがに期間が短い感じがしてます。なので MSDN Subscription が必要かなと思ってます。

ちょっと調べたらTechNet Subscription の画面にこんな広告(赤枠のやつね)が目にとまりました。

image

MSDN Platforms ?

初めて名前を聞いたので調べてみました。
ざっと見た感じでは、VS Prem. with MSDN から 開発環境とOffice系製品が抜かれた感じ。
(しっかり Microsoft Azure もつかえるw)

Office については Office 365 しちゃえばいいやと思ってるので自分的には割とよさげ。
(詳細の違いは上記のサイトのエクセルシートをみてもらった方がいいですが。)

で、MSDN Platforms はボリュームライセンス扱いらしいので、お世話になってた青森のコンプモトさんで調べてみました。(;^ω^)

条件:MSDNの方が2年契約(新規も更新も値段は一緒でした)(上)
Office 365 はプランのMで1年契約(下)

image

やっぱりいい値段するのね。orz

参考までに 一番似ている VS Prem. with MSDN の新規(上)と更新(下)の場合(両方とも2年契約)

image

やはりちょっと高いかも。(;^ω^)

※更新は有効期限が切れるまで。(正しくは有効期限+3か月以内の更新が条件。一部例外あり)

個人で購入できるとしたらこんな感じですね。(`・ω・´)
ちなみに会社とかで大量に購入すると個人で購入するのが馬鹿らしいくらい安いです。(条件次第ですが)

ちょっと悩みますかぁ。orz

今日はこんな感じで。

Posted in MS-MVP, Office 365, SBS 2011 Essentials, WHS 2011, Windows 8, windows 8.1, Windows Azure, Windows Home Server, Windows Server 2012, Windows Server 2012 Essentials, windows server 2012 R2, Windows Server 2012 R2 Essentials | Leave a Comment »

カラリオとタブレットで年賀状をつくってみた

Posted by Hatono-tani : 2013年11月2日


鳩の谷の街です。

エプソンカラリオモニターに参加中 なので今回はその2回目のレポートになります。

11月になったので年賀状が販売されて師走にむかっているんだなーって思ってます。スーパークールビズなのでネクタイなしの生活だったし、ここ最近の冷え込みもありますけど。(;^ω^)

ちょっと通りかかりに郵便局があったので年賀状を買ってきました。

 1383366381717

一応50枚とテストプリント用の用紙とあるのですが、あまり多くは印刷しない方なので、Nexsus7を使ってみて年賀状アプリを使ってみることにしました。

起動するとこんな感じです。

2013-11-02_1205592013-11-02_120652

とりあえず新規作成で作っていきます。

初めにデザインを選ぶのですが、正直そんなにないだろうと思ってたのですが、意外とありました。(;’∀’)

2013-11-02_1207192013-11-02_1207452013-11-02_1208062013-11-02_1208252013-11-02_1208462013-11-02_1209132013-11-02_1209322013-11-02_1209532013-11-02_1210132013-11-02_1211042013-11-02_1211252013-11-02_1211422013-11-02_121206

でとりあえず1つ選びまして写真を合わせていきます。

2013-11-02_1301162013-11-02_130132

2013-11-02_1302112013-11-02_130304

回転とかもできるので割と凝った配置とかできそうです、しかもタッチなので直感的にできますね。
写真は自端末のものしか選択できないので注意が必要です。

今度はスタンプをえらんでデコレーションしていきます。
右上のサクラのようなボタンをえらんでいきます。

2013-11-02_130352

スタンプの種類はというとイラストのスタンプと文字のスタンプがあってすべて載せるとこんな感じです。

2013-11-02_1304082013-11-02_1304272013-11-02_1304402013-11-02_1306072013-11-02_130627

2013-11-02_1307172013-11-02_1307292013-11-02_1307412013-11-02_1307512013-11-02_1308022013-11-02_1308142013-11-02_1308282013-11-02_1308432013-11-02_1309032013-11-02_1309182013-11-02_130931

内容的には可もなく不可もなしといったところで悩まない量のスタンプでした。

とりあえずアクセント程度にものを選んではりつけます。

2013-11-02_131102

次は文字の入力

2013-11-02_1311222013-11-02_131241

こんな感じで入力してきます。

2013-11-02_131630

次は自分の宛名書きです。その手のソフトではわりと普通な感じです。
(郵便番号の連動機能とかは無いです。(;^ω^) )

2013-11-02_1318342013-11-02_131907

2013-11-02_1319222013-11-02_131949

2013-11-02_1320032013-11-02_132028

そのあとはペンの入力があって、(絵的センスが無くて断念.orz)

2013-11-02_132047

確認の画面が表示されます。

2013-11-02_132109

で、保存を一回しておきます。

2013-11-02_1321232013-11-02_132136

トップ画面から保存したデータを取り出して印刷していきます。

2013-11-02_155200

該当のデータを選択するとあとは、上の編集の画面からのシーケンスになりますので、最終的にプリントを選択します。

2013-11-02_1329402013-11-02_133007

あとは枚数とかを設定変更で変更してからプリントをするを選択すればでできます。

2013-11-02_1331581383367549260

自分で宛名書きをしたい人にはかなり楽かなとはおもいます。

個人的に気になったことを書いておくと2点あって、用紙の出力の時にかなりシビアに用紙のチェックを
している感じがしていて、テスト用の用紙がつかえなかったことと、なんとなく出力の時の反り返しが
大きいのでインクを割と使っている印象がありますね。

今回はこんなところで。

追記:

年賀状に関するエプソンさんのサイトはこちらが詳しいようです。

年賀状特集2014

もしよろしければこちらの方も参照していただけると幸いです。m(__)m

image15

Posted in Windows Home Server | 1 Comment »

WHS-V1のライフサポート終了の日(2013/01/08)に思うこと。

Posted by Hatono-tani : 2013年1月8日


鳩の谷の街です。

自分のBlogのサブタイトルにもあります通り、
2013/1/8にWindows Home Serverのサポートライフサイクル終了日になります。
つまり今月からの MS-UPDATE からセキュリティ情報が提供されなくなります。
 

この5年のサイクルは賛否両論ありますが、WHSがあるがゆえのコンシューマ製品のあつかいなため
ルール上は延長サポートがないための対応です。

MVPの間でも延長サポートの見当は特にされなかったと思ってます。
なぜなら2003R2のサポート期限がそれより先に訪れるためです。
(どちらかというとリソース的に厳しい感じですねぇ)
 

Windows Home Server は CES 2007 のビルゲイツによってアナウンスがされました。

 

私は正直初めに見たとき、これはとても感動した製品だったと思います。

HP の MediaSmart Server も結果的には三代目のEX490が日本でも販売されました。

昔から利用している人はきっとわかってくれるとおもいますが、
WHS は WHS2011 と比較してもマイクロソフト製品にしてはとても情熱があった製品だと思います。

日本的には、本当に誤訳が多かった製品でした。(;’∀’)

元々は次の版(WHS2011)から日本語版を出す計画だったらしいのですが、
英語版を日本でテスト販売した結果がとても大きくて慌ててローカライズに対応したという印象が強かったです。
(多分2-3年くらいは誤訳の訂正にフォーカスしていた気がします。)
日本語の誤訳の問題は結果的にはWSEまで引っ張る感じがありました。(;’∀’)

とても情熱的であったWHSも製品登録後5年を過ぎてしまったので
今日でサポートライフサイクルから除外されていまいます。

私はこの製品を通していろいろな出会いに巡り合えたことに本当に大変感謝していますが、
始まりがあれば終わりもありますので、致し方ないと思っています。

もしよろしければWHS2011やWSEに移行を検討していただけると幸いです。

PS1.
では厳密にWHSを利用することはできなくなるの?という点を少しだけ書いておきます。
OSの提供方法としてDSP版そしてアプライアンスサーバー製品があります。
アプライアンスサーバーについては Windows Embedded Server のライセンス提供になっています。
Windows Embedded Serverの運用は他のライフサイクルとは異なり最長15年間提供することになっています。
(最近10年に変わったみたいですがWHSは15年だったはずです)
したがってOEMメーカーの製品という前提であれば、WHSは入手することは可能であると思います。
ただし、あくまでも購入という話であって、サポートはやはり難しいと思います。

PS2.
今Blogにタグをつけようと思って気がついた
もう、WHSという単独のタグがつかえなくなることに、悲しくなってきました。( ;∀;)

 

Posted in Windows Home Server, Windows Home Server 日本語版 | 6 Comments »

あけましておめでとうございます。m(__)m

Posted by Hatono-tani : 2013年1月1日


鳩の谷の街です。
新年あけましておめでとうございます。

例年だとノートPCを持ち歩いてこの文章を書いているのですが 今年はタブレットを持ち歩いて打っています。
さて、みなさんもご承知の通り去年は新しいOSラッシュの年だったと思いますが、
その中でWHSは集約されてWSEへと集約されてしまったという不本意な年になりました。
私的にはちょっとこの判断のショックが大きかったのが正直な意見です。
しかしながら、その次を目指したいとなるとちょと今は模索しているのが正直なところです。

WSEはというとDSP版がようやく市場に少し出てきて、OEM製品がこれから見えてくるのかな? といった感じが現状の認識です。
こちらはこちらでなんとなく問題を感じているとも思ってます。
(一番問題視しているのはOSの価格が少し高くて中小企業のユーザーの視点から考えても、 少し高いのでは?
具体的にはそこそこの性能のあるサーバーを社長決裁を通さないですみそうな 10万円を越えそうな価格で販売するのでは、
マーケットがついていかないのでは?と思ってます)
とはいうもののこちらの方はあまり専門の分野ではないのであまり口出しもしにくい感があります。

上記のことから考えると正直怪しいのですが、そこは何とか打開したいところ。
どうしたらいいのかも悩みそうな雰囲気ではありますが、1つづつこなしていくしかないのかな? と、思っている所存です。

なにがともあれ今年もよろしくお願いします。m(__)m

Posted in WHS 2011, Windows Home Server, Windows Server 2012 Essentials | Leave a Comment »

Windows Home Server 座談会 2012 ~ Windows Server 2012 Essentials も見せます ご参加いただきありがとうございました。(追記あり)

Posted by Hatono-tani : 2012年7月28日


鳩の谷の街です。

本日は、”Windows Home Server 座談会 2012 ~ Windows Server 2012 Essentials も見せます” に登壇させていただきまして、大変ありがとうございました。

正直な所、どれくらいの人が来てくださるのか不安でしたが、私達が思っていたよりの人数の方にきていただいて大変感謝いたします。(多分100人くらい来ていたとおもいます)

前日に幾人かの方からUST放送をとのリクエストがありまして、にわか仕込みで放送をさせていただきました。ただ場所柄の都合もあり満足できる品質で放送できなかったのが少し心残りです。


(2012/08/04:追記)

セッションの内容は別のビデオで撮影したものを公開してます。

名前のリンクは資料、もしくは本人のBlogリンク先です。

「Windows Home Server 5年のあゆみ」
自分)(WHS-MVP)

「再考:WHS新旧Verの活用と共存」
かなわさん(WHS-MVP)

「業務用サーバとしてWHSはどこまで使えるか?」
茄子さん
(WHS2011 個人ユーザ 今後の活躍に期待 (^^)/ )

「いち早くお見せします Windows Server 2012 Essentials」
澤田さん(SBS-MVP)今回快諾してお呼びしました。大変感謝です。

「WHSユーザーからみたWindows Server 2012 Essentials ~ストレージ考察」
ださっちさん (WHS-MVP)

「~諸君らが愛してくれたWHSはなくなった、なぜだ!?~」
ライターの清水さん スペシャルゲスト:元MS WHS2代目PMの林さん

(当初から一番狙いのセッション、(^_^;))


このような機会を作るのは大変だと思うのですが、ライターの清水さんをはじめ、インプレスジャパンの佐々木さん、協賛をいただいた、DOS/V POWER REPORT 様、Windows 7 Mania 事務局様 にも大変感謝したいです。

自分の想いを伝えられたかは?ではありますが、楽しんでいただければと思います。

今日の自分のPPTを掲載させていただきます。(1Pだけ抜いてあります)

このPPTの作成にあたり AKIBA PC Hotline! の画像を使用させていただきました、許可を頂いた鈴木編集長に大変感謝いたします。

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

スライド8

スライド9

スライド10

スライド11

スライド12

スライド13

スライド14

スライド15

スライド16

スライド17

スライド18

スライド19

スライド20

スライド21

スライド22

スライド24

スライド25

スライド27

スライド28

スライド29

スライド30

スライド31

スライド32

スライド33

Posted in WHS 2011, Windows Home Server, Windows Server 2012 Essentials | 1 Comment »

Windows Server 2012 Essentials についての情報

Posted by Hatono-tani : 2012年7月11日


鳩の谷の街です。

先ほど TechNet / MSDN サブスクリプションに

Windows Server 2012 Essentials Beta版が登録されたのを

確認できたので、こちらの情報をお送りします。

取り急ぎ慌てて確認環境をつくったので雑なのはご了解のほど。

Windows Server 2012 Essentials をインストールしてみよう。

Windows Server 2012 Essentials の画面を一通り① ダッシュボード

Windows Server 2012 Essentials の画面を一通り②リモートアクセス編

Windows Server 2012 Essentials のコネクターを入れてみる

一応情報ということで。

追記:一般向け Windows Server 2012 Beta Essentials はここに公開されてます。

http://www.microsoft.com/en-us/server-cloud/windows-server-essentials/default.aspx

どうぞよろしくお願いします。

 

 

Posted in Windows Home Server | Leave a Comment »

WHS V1 Add-in AdminiMe 2012

Posted by Hatono-tani : 2011年11月24日


鳩の谷の街です。

以前、秋葉原のイベントで WHS PP3 の時の説明で紹介させていただいた、AdminiMeですが機能強化を実施して AdminiMe 2012 として提供することになりました。

こちらの方からダウンロードできます。imageimageimage

image

今回大きな変更があったのは

  • CPU温度のリアルタイム表示
  • メモリ/CPUの消費上位の5つのプログラムの表示
  • サーバー名やサーバーIPなどの情報の電子メール送信
  • 重大なエラーが発生したときのシャットダウンや再起動の設定
  • チャートのリアルタイム表示のON/OFFの設定
  • ログのエクスポート
  • 簡体字中国語のサポート

などがあります。

当然ではありますが日本語についてもチェックさせていただきました。

もしご関心のある方は使用してみてください。

取り急ぎではありますが。。

Posted in Windows Home Server, Windows Home Server Add-In, Windows Home Server 日本語版 | Leave a Comment »

新任のWHS-MVPの紹介

Posted by Hatono-tani : 2011年4月17日


鳩の谷の街です。

実際のところ、今回はRTMがあった関係であまりチェックしてませんでした。(-_-;)

4/1付で4半期ごとのMVP更新がありまして一人の方がWHS-MVPになられました。

毎回の如く紹介させていただきます。(無論毎回の自己調査)

Jim  Collison さん。

Home Server Show で Podcast を担当されている方です。

The Home Server Show での活動を評価されたのだと思います。

今後の活躍に期待したいと思います。

WHS-MVPは今季一人抜けてJimさんが加入して30名となります。

今月はMVPの4半期の申請期間になります。

サーバーOS系のMVPの楽しいところは、新しいOSの開発に初めからかかることができるところが、最大のポイントになるかと思います。Colorado製品を提供することができたので、今度のMVPのすることは、次のWHSを開発していくための要件を提供することと、ローカライズの精度を上げることだと思います。

今期の募集は、4/23までになります。

ぜひBlogやコミュニティーの活動があって、なってみたいかたは是非左のリンクから登録をお願いします。

今日はこんなところで。

Posted in MS-MVP, Windows Home Server | Leave a Comment »

Add-IN Advanced Admin Console 2011 がベータ公開されました。

Posted by Hatono-tani : 2011年2月26日


鳩の谷の街です。

日本でもおそらく有名な Add-In の1つだと思うのですが、Advanced Admin Console が WHS2011とSBS2011Essentials に対応したものがベータ版として公開されました。

Advanced Admin Console 2011 です。

ココのサイトにダウンロードリンクがあります。

ちなみに英語版のWHS2011では下記のような画面になります。01-adiin-AAC

このAdd-Inは今までの機能をちゃんと継承しているので、期待がとてもできます。後は日本語版で動作できるか?という点ですが、期待できると思っています。もし気になる方はダウンロードしてみてください。

どうぞよろしくお願いします。

PS.現在のところWHS2011に対応する/しているAdd-Inは下記の通りです。参考にしてみてください。

AutoExit 2010 For WHS Vail (Beta)

Lights-Out V2 (Beta)

AWIECO WakeOnLAN

AWIECO RemoteLauncher

TV4Home (多分日本では無理かも。。orz)

Cloudberry Backup

 

 

Posted in SBS Aurora & V7, WHS 2011, WHS V2, Windows Home Server, Windows Home Server Add-In, Windows Home Server V2 | Leave a Comment »

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。